交通事故は、ある日不意に遭遇するものです。

交通事故の被害に遭った場合、仕事や学業への影響や後遺症が残ることへの不安など、大きな戸惑いやストレスに襲われることが多いでしょう。

また、事故直後からすぐに怪我の治療を始めなければならず、他方で、警察への対応や保険会社への対応などを行わなければなりません。
そのため、普段の生活が大きく変わってしまいます。

早めの相談と、適切なアドバイスを

経験豊富な弁護士は、事故後どのタイミングで何をするべきかをきちんと把握しているため、事故後の適切なタイミングで、適切なアドバイスをすることができます。

また、警察への対応や保険会社への対応などについても、必ず被害者の方にしていただかなければならないこと以外は、弁護士が代わりに行います。
そこで、被害者の方の負担を大きく減らすことができます。

地元に密着した弁護士へ

また、地域に密着した弁護士は、直接被害者の方のお顔を見て親身に対応することができます。
そして、被害者の方の近くに事務所があるため、迅速に対応することができます。
加えて、必要に応じて被害者の方が通院されている病院に同行するなど、きめ細やかなサポートをすることができます。

交通事故に遭い、今後手続がどう進んでいくか分からない場合、ご自身が何をするべきか分からない場合、警察への対応、保険会社への対応などにストレスを感じておられる場合などは、まずは一度、経験豊富で、かつ地域に密着して活動している弁護士にご相談されることをお勧めします。

玉村町について

玉村町は、群馬県南部に位置し、鶴の形でいえば、右の翼の上の付け根の部分のあたりにあります。
玉村町の面積はおよそ25平方キロメートルで、群馬県内では35ある市町村の中で31番目の広さです。
また、人口は約3万6千人です。

玉村町を東西に抜ける県道142号線は、江戸時代、脇街道の一つである日光例幣使街道といわれ、徳川家康を祀る日光東照宮の春の大祭の際に日光例幣使の一行が通るために整備されました。
玉村町は、その宿場町として栄えました。

玉村町には、玉村ゴルフ場や五料関所跡があります。

また、玉村町樋越にある神明宮で毎年2月に開かれる、春鍬祭(はるくわまつり)が有名です。
春鍬祭は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

一方で、群馬県は、自動車保有率が全国1位で、自動車を使う人がかなり多くなっています。
そして、玉村町内では、平成29年8月末までの1年間に、130件の人身事故が起きています。
そして、怪我をした人数は158名、死亡した人数は1名です。
自動車が多い分、交通事故の被害者となってしまう可能性も高いといえるでしょう。