交通事故
交通事故

保険会社の対応に不信感がある

交通事故に遭いケガを負ってしまったら、けがの治療費や示談について相手の保険会社と話すことになります。
ところが、「保険会社の対応が悪い」「不満がある」といった声をお聞きする事が多くあります。
保険会社の言うままにしてしまうと、後で不利になってしまう可能性がありますので注意が必要です。
その理由を群馬県高崎市の弁護士が解説します。

よくあるお悩み

①相手方保険会社からほとんど連絡がない

スマホを持つ女性
保険会社の担当者は、あくまで加害者側の代理人として行動します。 そのため、被害者の方に丁寧に今後の流れ等を説明する担当者は多くありません。 被害者の方に連絡があったしても、要件だけを伝え、詳細な説明をせずに電話を切られてしまうケースもあります。 被害者の方は「自分はどうしたらいいか分からない」という状態になってしまいがちです。

②相手方保険会社担当の言葉が難しい、説明を端折られてわからない

相談風景
保険会社の担当者は、難しい専門用語を使い、あたかも保険会社の主張が妥当であるかのような主張をしてくることもあります。 しかし、被害者の方にとって理不尽な主張をそのまま受け入れるべきではありません。

③まだ治療が必要なのに治療打ち切りと言われる

腰を押さえる男性
特に多く寄せられるのが、「治療費打ち切り」に関するご相談です。 まだ痛みなどの症状があり、治療が必要な状態であるにも関わらず「3ヶ月(6ヶ月)経ったのでもう終わりにしましょう」「今月で終了です」などと一方的に告げられてしまう事があります。

治療の終了を決めるのは医師ですから、それまでは通院を続ける必要があります。途中で通院をやめてしまうと、後遺症が残った時の「後遺障害認定」で不利になってしまう可能性もあります。

また、治療費の対応が終了した後は、治療を続けてはいけないと誤解してしまい、痛み等の症状が残っているのに通院せず我慢している方も多いように感じます。

 

④示談を急がせようとする

交通事故の賠償金
保険会社の担当によっては、治療終了後にすぐ示談の話を進めようとしてくる場合があります。 しかし、適切な治療を受けたにも関わらず後遺症が残っているときには、「後遺障害認定」を受けることで大幅に示談金が増額する可能性があります。

保険会社が支払う金額を抑えるために、後遺障害申請の手続自体を説明せずに、いきなり示談の話を持ちかける事例は実際に存在します。

そこで示談に応じてしまうと、本来受け取れたはずの示談金とは比べ物にならない低い金額しか受け取れない可能性があるのです。

 

⑤提示された示談金額が適切かわからない

電卓
相手の保険会社から送られてきた示談金の提示が妥当か分からない」というのも良くあるお悩みです。 大抵の方は交通事故に遭うのは初めてで、示談金の相場などを知らない方がほとんどだからです。

 

被害者の方によっては、保険会社からの提案額が低いと感じて、増額交渉を試みる方もいらっしゃいます。 その結果、保険会社としては、最初に提案した示談金額よりも少し増額した提案に変更し、「これが限界です」と述べることも多いようです。

これを受けて、被害者の方は、自分の主張を聞き入れてくれたと感じて、示談に応じてしまうケースも多いと感じています。 しかしながら、保険会社が、被害者の方の主張を聞き入れ、少しばかりの金額を増額させることは、当初から織り込み済みであり、保険会社の懐が痛むことはあまりないと思われます。

 

 

交通事故の損害賠償の基準は3つあり、金額の差は下記の通りとなります。

 

①自賠責保険基準 ②任意保険基準 ③裁判所基準(弁護士基準)
最も低い ①よりは高い 最も金額が高く、②に比べて数倍以上となる事も

弁護士を入れずに交渉する場合には、①もしくは②の基準で提示されることがほとんどです。金額としては非常に低いと言わざるを得ません。

つまり、保険会社の提示通りに示談をしてしまうと不利益を被るおそれがあるのです。

弁護士に依頼するメリット

弁護士バッジ
以上で述べたように、保険会社の主張をそのまま受け入れてしまうと、不利になってしまう可能性があります。 そのような事態を防ぐためには、弁護士によるサポートを受けると効果的です。 弁護士に依頼するとどんなメリットがあるのか解説します。

メリット① 保険会社とのやり取りを任せられる

武多和弁護士
弁護士に依頼すれば、あなたの代理人となって保険会社とのやり取りをすべて弁護士が行います。 保険会社とのやり取りが無くなるだけでも、「精神的にずいぶん楽になった」とおっしゃっていただく方も多いです。

メリット② 適切な治療を受けられる

診察風景
治療費の打ち切りを通告されても、弁護士が対応することで治療費の支払期間を延長できる可能性があります。 また、交通事故問題に詳しい弁護士であれば、後遺障害認定を見据えて治療に関するアドバイスを行うことも可能です。

メリット③ 後遺障害認定のサポートを受けられる

後遺障害診断書
後遺障害等級が認定されるか否かにより、最終的に被害者の方が受け取れる賠償金額が大きく変わります。 交通事故のケガで後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害の申請を弁護士に任せることで、適切な等級が認定される可能性が高まります。

弁護士選びのポイント

しかし、弁護士なら誰でも後遺障害に関する知識を持っているのかというと、そうとも言いきれないのが現状です。

適切な後遺障害等級の認定を受けるために重要なのは、次の2点です。

 

専門的な知識・経験を持っている弁護士事務所に依頼すること 事故後できるだけ早く①の弁護士から的確なアドバイスを受けること

 

後遺障害の認定は、医学的知識や治療の進展段階における必要な検査は何か等、把握しておかなければならない知識が多く、専門性の高い分野であるといえます。 後遺障害等級を獲得した実績が少ない弁護士事務所に依頼すると、症状に応じた適切な等級認定が受けられない可能性があります。

そのため、後遺障害等級を数多く獲得している弁護士あるいは弁護士事務所に依頼することが弁護士を介入させる真のメリットといえるでしょう。

 

メリット④ 賠償金が増額する

損害賠償額算定基準
弁護士に示談交渉を依頼した場合には、前述した③裁判所基準により示談をすることになるため、賠償額が大幅に増加します。 そのため、保険会社から賠償額の提案があってもすぐに示談に応じずに、保険会社の提案している金額が適切なものであるか一度、弁護士にご相談することがよいでしょう。

弁護士選びのポイント

もっとも、弁護士事務所によっては、裁判基準の8割程度で示談をしている事務所もあると聞きます。 裁判基準の8割での示談となりますと、被害者の方の過失がゼロであったとしても、2割の過失がある場合と同じ金額となり、今後の被害者の方の生活を考えると著しい不利益を被ることにもなりかねません。

裁判基準の満額を前提に示談交渉を行っている弁護士事務所に依頼することが、弁護士を介入させる真のメリットがあるといえるのではないでしょうか。

最後に

サポート
被害者の方は、人生で交通事故に何度も遭うことはないですから、どのような対応をすればよいかの判断に迷われると思います。 交通事故に精通している弁護士は、今後の展開を予想して、被害者の方に適切なアドバイスができるため、被害者の方にとって精神的なケアをすることができる場合が多いと思います。

被害者専門弁護士にご相談ください

弁護士一同
山本総合法律事務所では、群馬県を中心に交通事故の被害者専門の弁護士として、数多くの交通事故問題を解決してまいりました。

交通事故の後遺障害や示談交渉、訴訟について専門的な知識・経験は他に誇れるものと自負しております。 交通事故の賠償金額は、依頼者の方の生活保障となる面もあります。安易に妥協せず、最大限の補償を獲得するため、尽力いたします。

交通事故の被害に遭ってしまった時には、なるべく早く当事務所にご相談ください。

 

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00