葬儀
葬儀

死亡事故の損害賠償は弁護士へ  ―ご遺族に知っていただきたいこと ―

不幸にもご家族が交通事故で亡くなってしまったら、被害者が被った損害は相続人である残されたご遺族が請求することとなります。
通常の交通事故と違い、死亡事故では請求できる費目が異なります。

請求できる費目

被害者が被った損害として、加害者側に請求できる費目は次の通りです。

死亡慰謝料

ハートを持つ男性死亡慰謝料は、被害者が亡くなったことにより受ける精神的苦痛に対する慰謝料です。
被害者の年齢や家族構成等の事情により増減されますが、弁護士が交渉した場合、おおむね2000万円から3000万円の範囲で認められることが多いです。
加害者が飲酒運転や無免許運転をしていた等の場合には、慰謝料が増額される可能性もあります。

また、死亡慰謝料には近親者固有の慰謝料も含まれています。
近親者とは被害者の両親、配偶者、子供があげられますが、事故の態様や生活状況等によっては兄弟姉妹等の慰謝料が認められる可能性もあります。

死亡逸失利益

電卓死亡による逸失利益(ご存命であれば得られたであろう収入の合計額から生活費としてかかったであろう費用を控除した額)についても、請求することができます。
死亡逸失利益は被害者の職業や年齢によって変動し、若年者は高額となり、高齢者では若年者よりも低額となる傾向があります。

葬儀費用

仏花被害者の葬儀にかかる費用も請求することができます。
自賠責基準では60万円とされていますが、弁護士が交渉すると150万円が認められるケースが多いでしょう。

適切な賠償を受けるために

死亡事故の損害賠償は、残されたご遺族の今後の生活を保障するものでもあります。
適切な賠償を受けるためには、被害者の方のご職業やご年齢などに応じて綿密に計算を行い、加害者の保険会社に請求することが必要となります。
弁護士が代理人として交渉すれば、弁護士基準(裁判所基準)での請求をすることができ、多くのケースで保険会社の提示金額から増額します。
まずは一度、弁護士にご相談されることをお勧めします。

死亡事故に関するお役立ちページ

当事務所の解決事例

【その他の事例はこちらから】

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00