50代男性の死亡事故で、過失をゼロにし交渉のみで約6400万円の損害賠償が認められた事例

50代男性の死亡事故で、過失をゼロにし交渉のみで約6400万円の損害賠償が認められた事例

年齢:50代(高崎市)

職業:会社員

年齢:50代(高崎市)

職業:会社員

病傷名 死亡
弁護士特約 あり
解決方法 相手方保険会社との示談交渉

ご依頼前の金額

-万円

ご依頼後の金額

6472万円

賠償額の詳細(抜粋)

損害項目 当事務所に
ご依頼後
死亡逸失利益 3815万円
死亡慰謝料 2500万円
葬儀費用 144万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

被害者の方が夜道を歩いていたところ、後ろから来た加害車両に衝突する事故に遭われました。
頭蓋骨骨折、外傷性くも膜下出血、高位頚髄損傷等などの重症だったため、救急搬送されたものの間もなく亡くなられました。
保険会社から示談に向けた具体的な話が一切なかったことから、「早期解決のため示談交渉を弁護士に任せたい」とご遺族にご相談にお越しいただき、ご依頼となりました。
当事務所で示談案を作成し、保険会社との交渉を行いました。

当事務所が対応した結果

過失割合をゼロに

過失割合(責任割合)については、加害者の保険会社から「被害者にも5%程度に過失がある」旨の主張がなされました。
被害者の方が事故時に歩いていた道に歩道と車道の区別がなく、道路の左側を歩いていたためです。
しかし、粘り強く交渉した結果、被害者には過失がない(過失割合を0:100とする)ことを認めさせました。

当事務所の対応

ご依頼を頂いた後、当事務所で示談案を作成し、保険会社との交渉を行いました。

過失割合

 過失割合については、加害者の保険会社から「被害者にも5%程度に過失がある」旨の主張がなされました。

 被害者の方が事故時に歩いていた道に歩道と車道の区別がなく、道路の左側を歩いていたためです。

 しかし、粘り強く交渉した結果、被害者には過失がない(過失割合を0:100とする)ことを認めさせました。

死亡逸失利益

 死亡逸失利益については、働いていたことによる収入の分に加えて、将来的に受け取ることができたはずの年金収入の分についても請求しました。

 将来の年金収入の分について保険会社は「認められない」と主張していました。

 こちらで関連する文献や裁判例などを提出し、交渉を続けた結果、最終的には将来の年金収入の分も含めて死亡逸失利益3815万円を認めさせました。

死亡慰謝料

 死亡慰謝料については当時の裁判所の一般的な基準だと、2000万円~2200万円と思われました。

 しかし、今回の事故がひき逃げ事故であったことなどを指摘し、2500万円まで増額させることが出来ました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 この事例のように、事故にあった時点では年金を受給していない場合でも、一定の要件を満たす場合には、将来受け取ることができたはずの年金収入について死亡逸失利益が認められることがあります。

 将来受け取ることができたはずの年金の額の算出や保険会社との交渉は大変でしたが、最終的には保険会社に認めさせることが出来ました。

related

肩の可動域制限で12級が認定され、約675万円(約356万円増額)を獲得した事例

会社員

2021.09.21

肩の可動域制限で12級が認定され、約675万円(約356万円増額…

依頼後の増額356

当事務所の後遺障害認定サポートにより外貌醜状で7級が認定され、約1831万円を獲得した事例

会社員

2021.09.21

当事務所の後遺障害認定サポートにより外貌醜状で7級が認定され、約…

依頼後の増額-

高次脳機能障害で5級が認定され、約4,370万円を獲得した事例

会社員

2021.09.21

高次脳機能障害で5級が認定され、約4,370万円を獲得した事例…

依頼後の増額-

解決実績を全て見る

交通事故で怪我をされた方は、
山本総合法律事務所へ

当事務所のサポートにより胸椎の圧迫骨折等で併合11級が認定され、交渉のみで約830万円が補償された事例

一覧に戻る

当事務所のサポートにより手指の可動域制限で後遺障害10級相当が認定され、交渉のみで約1047万円が補償された事例

point

詳しくはこちら

support

詳しくはこちら

fee

詳しくはこちら

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00