交通事故により10代女性が死亡した件につき、交渉により5000万円が補償された事例

交通事故により10代女性が死亡した件につき、交渉により5000万円が補償された事例

年齢:10代(前橋市)

職業:会社員

年齢:10代(前橋市)

職業:会社員

病傷名 死亡
弁護士特約 あり
解決方法 相手方保険会社との示談交渉

ご依頼前の金額

-万円

ご依頼後の金額

5000万円

増額分

5000万円

賠償額の詳細(抜粋)

損害項目 当事務所に
ご依頼後
葬儀費用 150万円
死亡逸失利益 4500万円
死亡慰謝料 2500万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

前橋市在住の10代女性がバイクで走行していたところ、道路外から進行してきた車両と衝突する交通事故に遭われました。
被害者の方は頭部を強く打ち、ほぼ即死の状態でした。

ご遺族から「今後のことを相談したい」とお問合せいただき、ご相談時に次の点をご説明しました。
弁護士にお任せいただいた場合、裁判所基準(弁護士基準)で損害賠償金を請求する事になり、今回のケースでは被害者の方が10代とお若い事から、「死亡逸失利益」が高額になると予想されました。
弁護士に交渉をお任せいただいた方が経済的に大きなメリットがあるため、ご依頼をいただくこととなりました。

当事務所が対応した結果

裁判基準(弁護士基準)での交渉

加害者の保険会社と裁判所基準での交渉を行いました。
特に死亡逸失利益の算定において、年収をいくらとして計算するかで金額が大きく異なります。
今回のケースの場合、被害者の方が実際に得ていた年収とするのか、それとも年齢がお若いため、今後得られたであろう年収とするかで大きな差が出ます。
より高額な金額になるように、基礎年収を平均賃金センサスの高い基準で算定することを保険会社に求めました。

適切な死亡逸失利益を獲得

交渉を重ねたところ、最終的に、死亡逸失利益の算定において年収を全年齢学歴計の平均賃金センサスを採用することを相手方保険会社に認めさせました。
その結果、約4500万円と高額な死亡逸失利益が認められました。

賠償総額は7000万円を超えましたが、事故状況から被害者の方にも過失が生じる事案であったため、過失分である2000万円程を相殺し、実際の獲得額は約5000万円となりました。

弁護士の所感(解決のポイント)

岡部弁護士亡くなった方の死亡逸失利益の算定において、現実の年収や最終学歴から算定すると低額になってしまうケースは多くあります。
今回も、実際に得ていた年収よりも平均賃金センサスの金額を採用し計算すると大幅に増額するケースでした。
粘り強く交渉を重ね、学歴計の平均賃金センサスの採用を認められた点が良かったと思います。

related

顔の傷跡が見落とされていた50代男性につき、異議申立で併合12級が認定され、157万円の賠償額が519万円に増額した事例

バイク事故

2022.08.05

顔の傷跡が見落とされていた50代男性につき、異議申立で併合12級…

依頼後の増額362

せき柱の変形障害や手関節の機能障害などで併合10級が認定された40代男性につき、合計1800万円を超える賠償金が認められたケース

バイク事故

2022.08.04

せき柱の変形障害や手関節の機能障害などで併合10級が認定された4…

依頼後の増額1858

60代女性の死亡事故で、被害者参加制度によって刑事裁判に参加し、損害賠償金として2800万円が補償された事例

バイク事故

2022.07.28

60代女性の死亡事故で、被害者参加制度によって刑事裁判に参加し、…

依頼後の増額2795

解決実績を全て見る

交通事故で怪我をされた方は、
山本総合法律事務所へ

40代男性が当事務所のサポートにより肩甲骨の骨折で10級が認定され、3060万円が補償された事例

一覧に戻る

70代女性が当事務所のサポートにより圧迫骨折で8級相当が認定され、約1619万円が補償された事例

point

詳しくはこちら

support

詳しくはこちら

fee

詳しくはこちら

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00