交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • 先日、自動車を運転中に追突事故に遭いましたが、追突してきた車は事故後逃走し、現在も行方が分かっていません。このまま加害者が見つからなければ、損害賠償の相手が分からないので泣き寝入りするし

先日、自動車を運転中に追突事故に遭いましたが、追突してきた車は事故後逃走し、現在も行方が分かっていません。このまま加害者が見つからなければ、損害賠償の相手が分からないので泣き寝入りするしかないのでしょうか?

 

A.交通事故の被害に遭った場合、加害者に対して損害賠償を求めることができます。

 

 しかし、加害者がどこの誰なのかを特定することが出来なければ、損害賠償を求めるべき相手も分からないということになりますから、加害者に対して損害賠償を求めることは事実上不可能ということになります。

 

 したがって、加害者に損害賠償を求めることが出来ないという意味では、泣き寝入りをせざるを得ないという結果になります。

 

 もっとも、加害者が不明の場合は、交通事故に遭ったことによる損害について全く補償を受けることができないというわけではありません。

 

 被害者の方が契約している自動車保険の中に、人身傷害保険や無保険車傷害保険が含まれている場合は、保険契約の内容に従って一定の範囲で補償を受けられる場合があります。

 

 また、加害者不明等の理由で自賠責保険や自賠責共済から保険金の支払いを受けることができない場合につき、政府による被害者に対する補償事業というものがあり、自賠責保険と同様の支払基準(ただし一部取り扱いが異なる点があります)に従って、支払いを受けることができるとされています。

 

 ただし、これらにより補償を受けられる場合でも、支払いを受けることができる額は、本来であれば加害者に賠償を求めることができる損害額に比べると低額にとどまる場合が多く、被害者に対する十分な補償となっていないのが現状のようです。



modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 


 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F