【弁護士料が実質無料】弁護士費用特約について

万が一、交通事故に遭ってしまったら、自分や家族の自動車保険、火災保険などの契約内容を確認して「弁護士費用特約」を利用できないか調べましょう。

弁護士費用特約を利用できると、無料で弁護士に相談したり示談交渉や訴訟を依頼できたりする可能性があるからです。

以下では弁護士費用特約について解説します。

 <目次>

1.弁護士費用特約とは
2.弁護士費用特約が適用されるケース
3.依頼する弁護士は自由に選べる
4.弁護士費用特約を使っても等級は下がらない
5.自動車保険以外の保険も確認を
6.交通事故に遭ってしまったら早めに弁護士に相談を

 

1.弁護士費用特約とは

弁護士費用特約は、保険会社が弁護士費用を負担してくれる内容の保険特約です。
自動車保険などの保険についているケースが多くなっています。

弁護士費用特約の補償内容

自動車保険の弁護士費用特約を利用すると、交通事故に関する弁護士費用が自動車保険会社から支払われます。

法律相談料については1件について10万円、示談交渉や訴訟などの費用は実費も含めて300万円が限度となっています。

弁護士費用が300万円を超える交通事故というと相当重度な後遺障害が残った事案や死亡事故に限られてくるので、多くのケースでは依頼者の負担額0円で弁護士に依頼できます。

実費も保険会社が負担してくれる

また交通費や通信費、印紙代などの「実費」は、弁護士に頼まなくても必要な費用ですが、こういった実費まで保険会社が負担します。

弁護士費用特約を利用すると、実費の支払いが不要となる上に、多くのケースにおいて無料で弁護士に相談・依頼できるので大きなメリットを得られます。

 

2.弁護士費用特約が適用されるケース

弁護士費用特約は、「自分が保険契約者」の場合以外でも利用可能です。

適用されるのは以下のようなケースです。

  • 自分が被保険者
  • 配偶者や同居の家族が被保険者
  • 別居の親が自動車保険に加入している
  • 自転車に乗っているとき、歩行中に車やバイクにはねられた
  • 他人の車に乗せてもらっているときに交通事故に遭った

弁護士費用特約は適用範囲が広いので、交通事故に遭ったら適用できないか、自分や家族の保険内容を確かめてみましょう。

 

3.依頼する弁護士は自由に選べる

弁護士費用特約を利用するとき「保険会社の紹介する弁護士しか使えない」と思われているケースがあります。

しかしそのようなことはありません。保険会社にもよりますが、弁護士は自分で選べるケースがほとんどです。ホームページなどで交通事故の被害者援助に積極的に取り組んでいる弁護士を探しましょう。

当事務所でも、弁護士費用特約を使った被害者支援を行っていますので、お気軽にご相談ください。

 

4.弁護士費用特約を使っても等級は下がらない

「弁護士費用特約を使ったら保険の等級が下がるのではないか?」と心配される方がいますが、そのような心配は不要です。

弁護士費用特約の利用で等級が下がることはありません。

翌年からの保険料は上がらないので、安心して利用しましょう。

 

5.自動車保険以外の保険も確認を

弁護士費用特約は、自動車保険だけではなく火災保険や傷害保険、個人賠償責任保険などについているケースもあります。

ご自身の契約している保険や、ご家族名義の保険も契約内容を確認してみましょう。

 

6.交通事故に遭ってしまったら早めに弁護士に相談を

交通事故では弁護士がついているのといないのとで賠償金額が大きく変わるケースが非常に多くなっています。

弁護士に依頼するメリットは大きく、また、弁護士費用特約を使うこと自体にデメリットはほぼ無いと言えるでしょう。

万が一交通事故に遭ってしまったら、まずは弁護士費用特約を適用できないか、ご自身の任意保険の担当者にご確認なさってください。

その上で、交通事故問題に強い弁護士になるべく早期にご相談されることをおすすめします。

関連ページ

交通事故問題に強い弁護士の選び方
 交通事故問題解決までの流れ