専業主婦も、事故によって家事労働ができなくなった場合、できなくなった分の休業損害を請求することができます。

この点、専業主婦は家事労働のみを行っているのであり、家事労働には目に見える収入がありませんので、専業主婦は休業損害を請求することができないと思われるかもしれません。

しかし、現在は、家事労働にも他の仕事と同じように経済的価値があり、事故が原因で家事労働ができなくなれば、損害が生じていると考えられています。
したがって、家事労働ができなくなった分について、休業損害を請求することができます。

そして、専業主婦の休業損害の額を算定するときの基礎になる収入は、賃金センサスの女子平均賃金です。

なお、専業主婦の方が事故に遭われた場合、事故によって家事労働がどれくらいの割合でできなくなったのかという点は、事故によって給与が減る給与所得者の場合と違って、数字に表れにくいものです。そのため、事故によってどれくらいの割合で家事労働ができなくなったのかが争いになることがよくあります。

この点については、症状の重さや治療経過等の事情から、どれくらいの割合で家事労働ができなくなったのかが判断され、休業損害の額が決まることになります。

より具体的なことについては、弁護士にご相談ください。