交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用

尾骨骨折とは?

yamamototop0001.png   脊柱の一番下の尾骨(びこつ)いう骨に、尻もちを付くなどして強い衝撃が加わって骨折するのが、尾骨骨折です、しびれや疼痛などの後遺障害が残ることがあります。

Q.尾骨骨折とは?

 
A.脊柱の一番下にある逆三角形をしている下の方が尖っている「尾骨(びこつ)」という骨が、尻もちを付くなどして強い衝撃により骨折するのが、尾骨骨折です。
尾骨は「尾骶骨(びていこつ)」と呼ばれることもありますが、どちらも同じ骨のことです。
 
交通事故で自転車やバイクの運転者が車と衝突して放りだされて地面に尻もちを付くと、よく尾骨骨折を発症します。
 
尾骨骨折は、レントゲン単純撮影による所見だけでは骨折をしたかどうかはっきりわからないことがあるので、その場合はCT撮影をする他、痛みの程度や尾骨付近の筋肉の動きなどから総合的に尾骨骨折をしているかどうかを判断します。
 
治療方法は、外科手術を行わずに、「保存療法」といって手術を行わずに、骨が自然に結合をするのを待ちます。
 
尾骨骨折をすると、座位の姿勢を取ると尾骨を圧迫して痛みを感じるので、横になって痛みを感じない姿勢を取るようにします。
重度の尾骨骨折は、くしゃみをしても痛みを感じ、寝た姿勢でも痛みが消えないので、鎮痛剤を処方してもらって痛みを抑え、安静を保ちます。
 
治療期間は1カ月程度ですが、一般的な治療期間を過ぎても頑固なしびれや疼痛が残って後遺障害を発症することがあります。
 


【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから

 

当事務所へご相談をお考えの方はこちらをご覧下さい

解決までの流れ ■弁護士費用 ■交通事故Q&A
お客様の声 ■弁護士紹介 ■当事務所へのアクセス



 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
相談料・着手金共に0円 お問い合わせはお気軽に 0120‐783‐981
Q&A0001.png

Contents Menu

Access Map

Link

弁護士法人山本総合法律事務所

相続・遺産分割相談専門サイト

債務整理・自己破産専門サイト

離婚問題専門サイト

過払い金返還専門サイト

採用サイトはこちら