Q.所得や物価の水準が日本に比べて低い国の人が、日本で交通事故の被害に遭った場合、日本人が交通事故の被害に遭った場合に比べて、慰謝料の金額に違いが出るのですか?

A.慰謝料の金額に違いが生じることがあります。

慰謝料とは、苦痛等の精神的な損害に対する賠償のことです。

そして、交通事故については、傷害慰謝料(事故から治療終了までの間、怪我をしたことによって生じる苦痛に対する慰謝料)、死亡慰謝料(事故によって死亡させられた苦痛に対する賠償)及び後遺障害慰謝料(治療が終了しても後遺障害が残ったことに対する慰謝料)があります。

日本人と、所得・物価の水準が低い国の方の場合とで慰謝料の金額に違いがあるのかという問題については、傷害慰謝料と死亡慰謝料・後遺障害慰謝料とで、結論が異なってきます。

まず、傷害慰謝料については、日本人と外国人とで金額に違いは生じないと考えられています。

一方、死亡慰謝料・後遺障害慰謝料については、金額に違いが生じる可能性があります。

つまり、日本に比べて所得・物価水準が低い国の方で、かつ日本に永住する方ではない場合には、日本人に比較して、これらの慰謝料の金額が低く認定される場合があるのです。裁判例において、日本人が被害者である場合に比べて、やや低めの金額を認定している例が多く見られます。

その理由については、慰謝料額を算定する際には、慰謝料として支払われる金銭が、どのような所得・物価水準の国で使われるのかという点を考慮すべきであるということが挙げられています。すなわち、被害者がその慰謝料を所得・物価水準の低い自国で使うはずだとすれば、日本人と同じ基準で慰謝料を算定すれば、実質的に見て慰謝料の額を普通よりも増やしたのと同じことになって不公平だと考えられているのです。

もっとも、結論は一概にはいえず、被害者がどの程度の期間日本に住む予定だったのか、どのような在留資格で日本にいたのか等、事情によって結論に違いが生じ得るでしょう。