交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • わたしは主夫として家事を担当しています。わたしが万一交通事故で負傷して家事ができなくなった場合の休業損害や損失利益はどのように算出されるのですか?

主婦が交通事故が理由で家事ができなくなった場合の休業損害や損失利益はどうなりますか?

質問:わたしは主夫として家事を担当しています。わたしが万一交通事故で負傷して家事ができなくなった場合の休業損害や損失利益はどのように算出されるのですか?

家族のために家事を行う主婦や主夫についても休業損害や逸失利益が認められます


確かに、家事従事者は、家事を行うことにより現実に収入を得ているわけではありません。この点からすると、休業損害や逸失利益が認められないのではないかと思われるかもしれません。しかし、家事労働も、家族以外の者に頼めば一定の報酬の支払いが必要になるのですから、家事従事者は家事を行うことにより財産上の利益を挙げているということができます。

このような考え方から、家族のために家事を行う主婦や主夫のような家事従事者についても、休業損害や逸失利益の発生が認められるとされています。


そして、家事従事者の休業損害や逸失利益の算定については、女性労働者の平均賃金を基礎に算定されるのが一般的です。男性の家事従事者の場合でも、女性労働者の平均賃金を基礎に算定されるのが一般的なようです。


なお、家事従事者が、パート勤務や内職の仕事等をしている場合(いわゆる兼業主婦(主夫))のように、現実に収入を得ているときは、現実の収入額と女性労働者の平均賃金額のいずれか高い方を基礎として、休業損害や逸失利益を算定することになります。



modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 


 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F