Q.交通事故で後遺症が残った。後遺障害等級はどうやって決まるの?

後遺障害認定の方法

後遺障害の認定は、自賠責保険会社が窓口となって損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所が認定実務を行っています。

自賠責保険での後遺障害は、基本的には、提出された診断書、検査結果、レントゲン、MRI、CTなどの画像等に基づいて判断が行われます。もっとも、傷痕(醜状痕)については、直接の面談を行って傷痕の大きさを測定するなどします。

後遺障害の等級は1級から14級までに分かれており、さらに各級ごとにそれぞれ細かく号が分かれています。症状の等級で一番重いのは1級で、例えば、両眼を失明すると1級1号に該当することになります。

複数の後遺症が残った場合

同一事故で、複数の後遺障害を負った場合はどうなるのでしょうか。これについては、基本的には、それぞれの後遺障害について各々判断が行われます。その結果、2つ以上の後遺障害が残ったと判断された場合、重い方の後遺障害の等級を1~3級繰り上げる事もあります。これを「併合」といいます。

ただし、複数の後遺障害があって併合されても、等級が変わらないケースもあります。例えば、症状が最も軽い14級が複数認定されても、等級は上がりません。他にも併合に関しては自動車損害賠償保障法施行令の中に様々なルールが定められています。

別の事故で同じ部位に後遺症を負っていた場合

事故の前から後遺障害があり、交通事故で同じ部位を負傷した結果障害が重くなった場合は、現在の後遺障害に対応する保険金額から既存の後遺障害に対応する保険金額を差し引いた額の保険金が支払われることになります。