事故当時無職だったが内定を受けていて、事故によって就業開始予定日を過ぎても働けなかった場合、休業損害は請求できますか?

事故当時無職でも内定を受けていた方が、事故によって、就職開始予定日をすぎても働けない期間が生じた場合、その期間の分の休業損害を請求することが可能です。

休業損害とは、事故から治療が終了するまでの間、仕事を休んだり、仕事が部分的にできなくなったりすることで収入が減少したことによる損害を言います。
そして、交通事故に遭われた方が事故当時無職だった場合には、通常は事故によって収入が減ったとは言えませんので、基本的に休業損害を請求することができません。

ただし、事故当時無職であっても、内定を受けていた方が事故によって治療期間中働けなかったような場合には、就業開始予定日以降の働けなかった期間について、休業損害を請求することが可能です。

つまり、事故当時には収入が無くても、治療期間内に就職して一定の収入を得ることが可能だったと認められれば、事故によってその期間の収入が減ったと考えられますから、就業開始予定日以降は休業損害が発生していると言えるのです。

なお、内定を受けていた場合のように働く時期が具体的に決まっていた場合でなくても、例えば就職活動をしていた矢先に事故に遭って働けなくなった方でも、休業損害を請求できる場合があります。

もっとも、このような場合には、ただ就職活動をしていたというだけでは足りず、労働能力や労働意欲があり、職歴や職種などの様々な事情から見て事故からさほど遠くない時期に就職することができたと言える必要があります。また、このような場合には、具体的にどれくらいの収入を事故によって失ったのかが明らかではありませんから、損害額は控えめに認定される可能性が高いでしょう。