交通事故の被害者となった方が、重傷を負って入院して、その後しばらく経ってから亡くなるというケースがあります。このような場合、死亡慰謝料という慰謝料と、死亡までの入院慰謝料の両方を請求することができます。

交通事故の被害者が亡くなった場合には、死亡慰謝料という慰謝料が請求できます。慰謝料とは痛みや悲しみなどの精神的な損害に対する賠償のことですが、死亡慰謝料は交通事故によって亡くなったことについての慰謝料です。

そして、被害者が怪我をして入院した場合には入院慰謝料という慰謝料が請求できます。これは、入院しなければならないような怪我をしたことについての慰謝料で、基本的には入院した日数を目安に金額が決まります。

そこで、交通事故の被害者が、しばらく入院した後で亡くなった場合には、死亡慰謝料と入院慰謝料の両方を請求できるのか、という疑問が生じます。

この点、死亡慰謝料と入院慰謝料の両方を請求することができるとされています。

つまり、事故に遭って入院してから死亡するまでの期間については、傷害交通事故の場合と同様に入院慰謝料を算定し、さらに、被害者が亡くなったことに基づく死亡慰謝料を請求できるということになります。