80代男性の死亡事故につき、交渉で約2750万円が補償された事例

80代男性の死亡事故につき、交渉で約2750万円が補償された事例

年齢:80代(前橋市)

職業:無職

年齢:80代(前橋市)

職業:無職

病傷名 脳挫傷(後に死亡)
解決方法 相手方保険会社との示談交渉

ご依頼前の金額

-万円

ご依頼後の金額

2752万円

増額分

2752万円

賠償額の詳細(抜粋)

損害項目 当事務所に
ご依頼後
入院付添費 98万円
入院雑費 28万円
葬儀費用 101万円
傷害慰謝料 225万円
死亡逸失利益 224万円
死亡慰謝料 1980万円
近親者慰謝料 400万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

自転車vs車の事故。
前橋市在住の男性が横断歩道のないところを自転車で横断中に、横から来た車と衝突する交通事故に遭われました。
脳挫傷等の重症を負われ入院中にご家族から「今後のことを相談したい」とお問い合わせをいただきました。

ご相談時に後遺障害の申請を行えば上位の等級が認定される可能性があることをご説明し、ご家族から、申請や示談交渉をお任せしたいとのご意向であったため、ご依頼となりました。

当事務所が対応した結果

ご依頼後の対応

脳挫傷から生ずる各症状からすると、上位の等級が認定される可能性が高かったことから、各医療機関の診断書類等を過不足なく収集し、後遺障害の申請を行いました。
結果として上位等級が認定されましたが、被害者の方は、本件事故による受傷が原因となってお亡くなりになられました。
加害者側の保険会社に対し、本件事故と死亡との因果関係を主張し賠償金額の交渉を行いました。

対応結果

加害者側の保険会社は本件事故と死亡の因果関係がある事を認めました。
また、相手保険会社は当方過失20%を主張しておりましたが、当方過失10%と過失責任を減じることができました。
さらに、ご遺族が被った精神的苦痛を書面にまとめるなどした結果、近親者慰謝料も訴訟と同程度の水準で示談が成立しました。

弁護士の所感(解決のポイント)

武多和弁護士本件事故と死亡との因果関係を肯定するために、これまでの治療経過を含め全ての診断書類、死亡診断書等を取り寄せ、相手保険会社と交渉を行いました。
これにより、因果関係自体は肯定されましたが、賠償額が高額になる事案であるため、過失割合が争点となりました。
当方としては、裁判になった場合を想定しつつ、刑事記録をもとに、事実関係を詳細に説明した結果、当初相手保険会社が主張していた過失20%から過失10%に過失責任を減じることができました。
また、近親者慰謝料については、ご遺族にご協力いただき、本件事故により被った精神的苦痛をまとめ、書面で提出するなどを行った結果、裁判になった場合と同程度の賠償を受けることができました。

related

10代学生が高次脳機能障害により後遺障害7級が認定され、約8000万円以上が補償された事例

接触事故

2021.10.20

10代学生が高次脳機能障害により後遺障害7級が認定され、約800…

依頼後の増額8249

後遺障害診断書への追記を行った事により後遺障害10級が認定され、約720万円が補償された事例

接触事故

2021.10.18

後遺障害診断書への追記を行った事により後遺障害10級が認定され、…

依頼後の増額720

胸椎圧迫骨折などで併合7級が認定されていた40代男性につき、保険会社の提示額から3000万円以上増額した事例

接触事故

2021.10.14

胸椎圧迫骨折などで併合7級が認定されていた40代男性につき、保険…

依頼後の増額3167

解決実績を全て見る

交通事故で怪我をされた方は、
山本総合法律事務所へ

事故直後からご相談いただき適切なサポートを行った結果、後遺障害12級が認定され972万円が補償された事例

一覧に戻る

脊髄損傷で寝たきりとなった60代女性につき、施設利用を前提とした将来介護費用等を含めた約1億500万円が補償された事例

point

詳しくはこちら

support

詳しくはこちら

fee

詳しくはこちら

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00