症状固定とは、治療を続けてもそれ以上症状の改善が望めない状態のことを言います。
具体的には、一般に承認されている治療を受けても効果がないか、効果があったように感じても元の状態に戻るようになったら、改善の望めない状態にあるといえます。
それゆえ、このような状態になったら、症状固定の時期と考えられています。

では、症状固定は、誰がどうやって決めればよいのかとの質問があるかと思います。
この点、症状固定は、主治医の判断によって決めることが基本となります。

主治医は、交通事故の被害に遭われた方から現在の症状を聴き取り、今後の治療方針や治療による改善の可能性を考え、症状固定とするのが妥当なのか、治療を継続していくのが妥当なのかを判断します。

そのため、適切な症状固定時期を決めるには、交通事故の被害に遭われた方が、主治医に現在の症状を詳しく伝えることが重要です。

したがって、交通事故の被害に遭われた方は、主治医と現在の症状や改善の可能性等を話し合って、症状固定時期を決めることとなります。

より詳しいことにつきましては、一度、交通事故の実務に精通した弁護士にご相談ください。