交通事故で被害者が死亡した場合、例えば、相手方に対して、治療費、葬儀費用、慰謝料、逸失利益などを請求できます。

交通事故が原因で死亡した場合、例えば、以下の費目を相手方に請求することができます。

・治療費等
交通事故が原因で死亡した場合、死亡するまでの間に病院に救急搬送され死亡するまでの間に治療が行われることが通常です。そのためにかかった治療費について交通事故が原因で支出することになった費用と言えますので、相手方に請求することができます。
また、入院期間中の雑費や、近親者が付き添った場合に発生する入院付添費用も相手方に請求することができます。

・葬儀費用
交通事故が原因で死亡した場合、基本的に亡くなられた方について葬儀を行います。そして、葬儀に関係する費用(葬儀費用、墓碑建設、仏壇購入の費用等)は、交通事故が原因で支出した費用なので相手方に請求することができます。

・慰謝料
交通事故が原因で死亡した場合、亡くなられた方は甚大な精神的苦痛を受けることになります。そして、亡くなられた方のみならず、その近親者(親族の方等)も甚大な精神的苦痛を受けることになります。
この点、本来であれば、このような精神的苦痛は金銭的に評価できるものではないのですが、現在の実務上、この被害者本人及び近親者の慰謝料を相手方に請求できます。

・逸失利益
交通事故が原因で死亡した場合、事故に遭わなければ得られたであろう収入等の利益が得られないことになります。このような、交通事故が原因で失った利益(逸失利益)は、相手方に請求することができます。
また、老齢基礎年金や老齢厚生年金等の年金についても、交通事故に遭わなければ受給ないしは受給し続けることができたものなので、相手方に請求できる可能性があります。

より詳しいことにつきましては、一度、交通事故の実務に精通した弁護士にご相談下さい。