後遺障害とは?

 交通事故に遭って後遺障害が生じた場合には、後遺障害の等級認定を受け、その上で損害賠償を請求することになるのが通常です。一般的に言われる「後遺症」と、交通事故の「後遺障害」は同じ意味だと思われがちですが、実際には大きな違いがあります。では、「後遺症」と「後遺障害」はどんな違いがあるのでしょうか。

後遺症とは

 「後遺症」とは、病気や怪我が治っても、機能障害などの症状や傷跡などが残ることを指します。一般的に、医師や被害に遭われた方が考えるのはこちらです。
 しかし、医師に「後遺症が残るかも知れない」と言われても、実際には「後遺障害」に該当しないケースもありえます。

後遺障害とは

  次に「後遺障害」とは、交通事故等によって負った肉体的あるいは精神的な損害が、これ以上治療を続けても良くならない状態に到達した時点(症状固定と言われます)から後の、労働能力の低下あるいは喪失が認められる状態と言われます。その残った症状の程度によって、自賠責保険の基準に該当し後遺障害等級が認定されれば、損害賠償請求の対象となるのです。

 つまり、「後遺症」のうち、基準に該当した場合のみ「後遺障害」と認定され、しかも、それに該当するかどうかの判断を行うのは主治医ではないため、前述したようなケースが発生するのです。

「症状固定」と「後遺障害」

 一定期間、通院や入院等して、医学的に適正な治療を行ったにもかかわらず、症状が変化しない状態に到達した時点を症状固定と言います。症状固定については主治医の判断となり、相手方の保険会社が判断するものではありません。

 交通事故により受傷し、通院や入院を継続し、適正な治療を行っているにもかかわらず骨折部位に痛みが残ったままであったり、骨折が原因で関節が曲がりにくくなったり顔面等に傷跡が残ったままになること等、様々な症状が考えられます。

後遺障害等級の認定へ

 そして、残存した症状について、損害保険料率算出機構が後遺障害等級の認定を行います。
この後遺障害等級には、1級から14級まであり、症状の残存している部位や程度によって分類されています。後遺障害による労働能力の喪失がどの程度のものであるかという観点から等級が判断され、数字が小さければ小さいほど後遺障害の程度としては重くなります。
そして、後遺障害の等級によって、損害賠償額にも大きな差が生じてきます

 この点、症状固定時に身体に機能障害などの症状や傷跡が残っていても、症状が自動車損害賠償保障法(自賠法)に規定された認定基準にあてはまらない限り、後遺障害等級は認められません。
それゆえ、症状固定時に後遺症が残っていても、必ずしも後遺障害等級が認められるとは限らないのです。

 また、等級の認定を行う損害保険料率算出機構は、基本的には、被害者の主治医が症状固定時に作成する後遺障害診断書等の診断書の内容を考慮して後遺障害の認定を行います。しかし、医師は後遺障害の認定基準についての専門家ではありません。

 それゆえ、医師の作成する診断書は、被害者の後遺障害認定を踏まえた記載内容になっていないことが多いといえます。

 後遺障害、後遺症につきましては、医学的知識にも精通した地元の弁護士にお気軽にご相談ください。
当事務所にご相談いただいた場合には、後遺障害の認定に向けてより適切な後遺障害診断書の作成等ができるように助言等することが可能です。