交通事故の損害賠償額には3つの基準がある

交通事故の損害賠償額計算における基準が3つあることをご存知でしょうか?

①自賠責保険の基準
②任意保険の基準
③裁判の基準

どの基準で示談するかで、以下のように賠償金額が大きく変わってしまいます。

●3つの基準による賠償額の差

これはあまり知られていない事実ですが、保険会社はこの3つの基準の中でも、最も低い基準で示談金の提案をしてくるケースがあるのです。
交通事故のプロが計算したのだから、この金額で正しいのだろう」と安易に示談に応じてしまうと、本来受け取れるはずだった賠償額を受け取れず、大きく損をしてしまう可能性があります。

適正な賠償金を受け取るためにも、この3つの基準について十分に理解をする必要があります。詳しくは下記で解説します。

3つの基準について

①自賠責保険の基準 < ②任意保険の基準 < ③裁判の基準

比較すると、一番低額なのは①自賠責保険の基準、その次に低いのが②任意保険の基準、一番金額が高いのが③裁判の基準です。

①自賠責保険の基準

自賠責保険とは、自動車を購入する際や車検の際に必ず加入する保険のことです。

法律によって加入が義務づけられており、未加入の場合は罰則も定められています。支払いの対象は、人損(被害者の生命身体に関する損害のことです)のみが支払の対象であり、物損(自動車の修理費等の損害)は支払の対象外となります。

また、自賠責保険には支払限度額があり、この支払限度額というのは、実際の損害を賠償するに充分なものとはなっていません。3つの基準の中で一番低額なのがこの自賠責保険の基準です。

②任意保険の基準

自賠責保険の保険金を超える損害を賠償してくれる保険が任意保険になります。任意保険は自賠責保険の適応外である物損事故にも対応が可能です。

内容はそれぞれの保険会社によって異なってきますが、任意保険会社独自の基準を採用しており、一般的に自賠責保険の基準よりは高いものの、次に述べる裁判の基準よりも低額な場合が多いといえます。

③裁判の基準

3つ目の基準は、裁判所と弁護士会が実際の判例をもとに作成した基準です。弁護士基準とも呼ばれます。

裁判の基準で賠償金額を算定すると、①自賠責保険の基準や②任意保険の基準よりも高額になる場合がほとんどです。

実際に当事務所で扱った事案の中には、弁護士が介入し裁判の基準で交渉した結果、当初、保険会社が提示していた金額の4倍もの金額で示談が成立した事案もあります。

また、後遺障害の等級が上位(重度)になればなるほど、金額に大きな差が出ます。

当事務所が解決した事案の一例

約600万円から約2700万円へ約3.5倍増額した事例
醜状等で併合8級が認定され、4600万円(当初提示額より3657万円増額)を獲得した事例

>>その他の解決事例はこちら

適正な賠償を受けるために弁護士に相談を

 保険会社によっては、示談交渉の際に一番低額な自賠責保険基準の賠償額を提示してくる時もあります。
これに気付かずに安易に示談に応じてしまうと、後で取消ができなくなってしまいますので注意が必要です。

保険会社の人が言うのだから、そうなのだろう」とお考えになられたり、「早く終わらせたい」というお気持ちは良く分かりますが、本来受けられるはずの損害賠償金(保険金)が受け取れないことになりがちです。

山本総合法律事務所は、いつでも交通事故問題に関する無料相談を実施しております。
交通事故に関する些細なことでも丁寧にお答えいたしますので、まずはお気軽にご相談にお越しください。