交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • 弟が会社を退職して就職活動中に交通事故で亡くなりました。失業者の死亡事故の逸失利益はどのように計算しますか?

就職活動中の逸失利益はどう計算するのですか?

弟が会社を退職して就職活動中に交通事故で亡くなりました。失業者の死亡事故の逸失利益はどのように計算しますか?

 逸失利益を計算するにあたっては、事故時の現実の収入額を基準にするのが原則です。
 これを、失業者に当てはめると、事故時の現実の収入がないことから、逸失利益も発生しないということになりそうです。

 しかし、死亡による逸失利益にしても後遺障害による逸失利益にしても、事故に遭わなければ将来得られたであろう収入等の利益が得られなくなったことについて交通事故による損害として相手方に賠償を求めるというものです。したがって、事故当時は失業中で収入がなかったとしても、その後再就職などにより収入等を得る可能性があったのであれば、逸失利益の発生は認めるのが相当と言えます。

 このような考え方から、事故当時、失業中で収入がなかった者についても、労働能力と労働意欲があり、事故に遭わなければ再就職するなどして仕事に就き収入等を得たであろう可能性がある程度認められる限り、逸失利益の発生を認めるのが一般的です。


 そして、失業者につき逸失利益の発生が認められる場合は、再就職によって得られるであろう収入を基礎として、その額を計算すべきとされています。もっとも、事故当時、既に再就職先が決まっていた場合を除けば、再就職によって得られたであろう収入がいくらになるのかが正確には分かりません。そこで、失業前の収入や平均賃金(賃金センサス)などを参考にして、基礎とすべき収入の額を決めるのが一般的です。
 

Q&Aトップに戻る>>>

 

交通事故に関するお悩みをお持ちの方は以下のメニューをご覧下さい

山本総合法律事務所は、いつでも交通事故問題に関する初回無料相談を実施しております。
おひとりで悩む前に、お気軽にお問合せ下さい。

着手金も無料となっておりますので、安心してご相談ください。
  

 


アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

アクセスマップ



modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 


 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F