A. ローン支払い継続中の自動車等は、使用者はドライバー当人であっても、所有者は販売会社やローン会社である場合が多いです。

そんなローン支払い途中で交通事故を起こした場合には、所有者である販売業者やローン会社に賠償責任が発生するのでしょうか。

確かに、所有者は他人に車を貸した場合に、直接運転をしていなかったとしても、使用貸主として運行供用者と認められる場合があるので、賠償責任が発生することはあります(自賠法3条)。

ただ、ローンの場合は、その例とは意味が違います。

自動車の販売会社やローン会社は、ローンで自動車を販売した際に、ローンの支払いを担保する目的で「自動車の所有権を留保した」に過ぎず、運行支配もなければ、運行利益も生じないため、自動車販売会社もローン会社も運行供用者には当たらないことになります(自賠法3条)。

仮に自動車に事故をもたらすほどの重大な欠陥や故障があり、それが原因で引き起こされた事故であるならば、それを理由に賠償請求を起こせる可能性がないとはいえませんが、一般的には考えにくいものです。

それゆえ、ローン支払い中の自動車の形式上の所有者たる販売会社やローン会社には、ローン支払い中の自動車の交通事故による損害賠償責任がふりかかることは、まずないでしょう。