道路を横断していた歩行者が自動車に衝突され亡くなった事故について、弁護士の交渉により3298万円が補償された事例

道路を横断していた歩行者が自動車に衝突され亡くなった事故について、弁護士の交渉により3298万円が補償された事例

年齢:80代(前橋市)

職業:無職

年齢:80代(前橋市)

職業:無職

病傷名 肋骨骨折
骨盤骨折
肝損傷など
解決方法 相手方保険会社との示談交渉

ご依頼前の金額

-万円

ご依頼後の金額

3298万円

増額分

3298万円

賠償額の詳細(抜粋)

損害項目 当事務所に
ご依頼後
傷害慰謝料 369万円
葬儀費用 145万円
死亡逸失利益 667万円
死亡慰謝料 2500万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

道路を渡る女性歩行者 対 車の事故。
付近に交差点や横断歩道がない場所で道路を横断していた被害者の方に、直進してきた加害者の運転する自動車が衝突して事故が起こりました。
被害者の女性は肋骨骨折、骨盤骨折、肝損傷などの重症を負い、寝たきりの状態で長期入院を余儀なくされました。
治療のかいなく被害者の方が亡くなり、ご遺族から「保険会社との示談交渉を弁護士に任せたい」とのご相談を頂き、ご依頼となりました。

当事務所が対応した結果

裁判基準(弁護士基準)での交渉

ご依頼を頂いた後、当事務所で弁護士基準(裁判基準)で計算した損害賠償額を保険会社に請求しました。

示談交渉では、過失割合死亡慰謝料などが問題となりました。
過失割合については、当方から被害者の方の過失を5%とすることを提案することを求めましたが、保険会社、被害者の方の過失を10%にすることを主張して譲りませんでした。
一方で、死亡慰謝料については、被害者の方の過失を10%とすることが前提になっていましたが、2500万円まで増額させることが出来ました。

死亡慰謝料については裁判をしても2000~2200万円になってしまう可能性が高いと考えられたこと、過失割合についても裁判所をしても被害者の方の過失が10%と判断されてしまう可能性が高いと考えられたことから、依頼者(被害者のご遺族)の方々と相談のうえ示談により解決することとしました。

解決のポイント

須藤弁護士今回の事例では、過失割合について粘り強く交渉した結果、過失割合における譲歩を保険会社から引き出すことは出来ませんでしたが、死亡慰謝料についての大きな譲歩を保険会社から引き出すことが出来ました。
不利な条件であっても「どうせ保険会社は認めないだろう」と最初から諦めることなく、過失割合について粘り強く交渉した結果が良い解決につながったのではないかと思います。

関連リンク

 

related

80代女性の主婦としての休業損害・後遺障害逸失利益が認められ、約635万円が補償された事例

接触事故

2022.11.29

80代女性の主婦としての休業損害・後遺障害逸失利益が認められ、約…

依頼後の増額635

道路を横断していた歩行者が自動車に衝突され亡くなった事故について、弁護士の交渉により3298万円が補償された事例

接触事故

2022.11.29

道路を横断していた歩行者が自動車に衝突され亡くなった事故について…

依頼後の増額3298

50代男性のバイク事故につき、併合6級が認定され、約6000万円が補償された事例

接触事故

2022.11.28

50代男性のバイク事故につき、併合6級が認定され、約6000万円…

依頼後の増額5926

解決実績を全て見る

交通事故で怪我をされた方は、
山本総合法律事務所へ

50代男性のバイク事故につき、併合6級が認定され、約6000万円が補償された事例

一覧に戻る

80代女性の主婦としての休業損害・後遺障害逸失利益が認められ、約635万円が補償された事例

point

詳しくはこちら

support

詳しくはこちら

fee

詳しくはこちら

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00