右大腿骨転子部骨折について10級が認定された40代男性につき、2400万円を獲得した事例

右大腿骨転子部骨折について10級が認定された40代男性につき、2400万円を獲得した事例

年齢:40代(沼田市)

職業:会社員

年齢:40代(沼田市)

職業:会社員

病傷名 右大腿骨転子部骨折
解決方法 相手方保険会社との示談交渉・裁判

ご依頼前の後遺障害等級

10級11号

ご依頼後の後遺障害等級

10級11号

ご依頼前の金額

約1208万円

ご依頼後の金額

約2400万円

増額分

約1192万円

賠償額の詳細(抜粋)

損害項目 当事務所に
ご依頼前
当事務所に
ご依頼後
入院雑費 0 万円 18万円
傷害慰謝料 146 万円 240万円
後遺障害逸失利益 980 万円 1530万円
後遺障害慰謝料 200 万円 550万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

バイクvs車の事故です。
ご依頼者がバイクで道路を直進していたところ、左方の路外施設から出てきた相手方の自動車が衝突し、ご依頼者は受傷しました。

ご依頼者は交通事故被害による受傷後、計約120日間もの入院中に手術等の治療を受けました。退院後は、症状固定までは約320日間もの治療期間が必要でした。

症状固定後、右大腿骨転子部骨折に伴う右股関節の機能障害について、その可動域が左股関節の可動域角度の1/2以下に制限されていることから、「1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの」として、後遺障害10級11号が認定されました。

ご依頼者は、ご自身で保険会社と示談交渉をされていましたが、ご自身による交渉に限界を感じられ、当事務所へご依頼されました。

当事務所が対応した結果

訴訟による解決

当初の保険会社提示額は約1200万円でした。

当事務所が受任して、まず交渉をしましたが、保険会社から誠実な提案がなされませんでした。
そのため、訴訟を提起し、裁判所において賠償額2400万円(約1192万円増額)での和解が成立しました。
ご依頼者の早期解決のご希望も考慮したうえで、訴訟を行ったものの、通常より早い期間で解決する事ができました。

後遺障害逸失利益の増額

依頼者の方が特にご希望されていたのは、後遺障害逸失利益の増額でした。

相手方保険会社は、5年という短い労働能力喪失期間に基づく金額を主張していました。
相手方保険会社の提示額は、ご依頼者の右大腿骨転子部骨折に伴う後遺障害について、ムチ打ちによる後遺障害と同等に評価している金額であり、到底受け入れられないものでした。

当事務所が受任し、ご依頼者の日常生活や仕事上での支障を適切に主張した結果、労働能力喪失期間20年を基礎とする上記金額で和解することができました。

依頼者のご感想

【依頼してよかったと思う点はどのような点ですか?】
自分で保険会社と交渉してもアップはのぞめない中、先生に依頼して当初の金額を増額させて決着できたこと。

【担当した弁護士・スタッフにメッセージをお願いします】
こちらが沼田という地域で高崎から遠いために打合せの時間をこちらの希望に合わせてくれてありがとうございました。
今後、貴事務所が益々発展することをお祈り申し上げます。

related

肩の可動域制限で12級が認定され、約675万円(約356万円増額)を獲得した事例

10級

2021.09.21

肩の可動域制限で12級が認定され、約675万円(約356万円増額…

依頼後の増額356

当事務所の後遺障害認定サポートにより外貌醜状で7級が認定され、約1831万円を獲得した事例

10級

2021.09.21

当事務所の後遺障害認定サポートにより外貌醜状で7級が認定され、約…

依頼後の増額-

高次脳機能障害で5級が認定され、約4,370万円を獲得した事例

10級

2021.09.21

高次脳機能障害で5級が認定され、約4,370万円を獲得した事例…

依頼後の増額-

解決実績を全て見る

交通事故で怪我をされた方は、
山本総合法律事務所へ

右足首の関節機能障害、左鎖骨変形で併合9級が認定され、3219万円(当初提示額より2154万円増額)を獲得した事例

一覧に戻る

頸椎圧迫骨折で11級が認定され、約1789万円(約999万円増額)を獲得した事例

point

詳しくはこちら

support

詳しくはこちら

fee

詳しくはこちら

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00