交通事故で後遺症が残ったら「等級認定」を受ける必要がありますが、そのためには弁護士によるサポートを受けると効果的です。

当事務所でも後遺障害等級認定サポートを行っていますので、群馬で交通事故に遭われた際には是非ともご相談下さい。

後遺障害等級認定や、当事務所の認定サポートについて、下記で詳しく解説します。

1.後遺障害等級認定とは

後遺障害等級認定とは、交通事故によって残ったさまざまな後遺症について、正式に「後遺障害」と認めて14段階の等級をつける手続きです。

交通事故の後遺症は、部位や症状もさまざまですのでケースに応じた補償が必要です。そこで同じ程度の症状が残った人には同じ程度の補償が行われるように、症状に応じて14段階に分類し、等級をつけるのが後遺障害認定です。

後遺症が残ったとき、後遺障害等級認定を受けなければ、慰謝料や逸失利益などの必要な補償を受けることが難しくなるので、被害者にとって後遺障害等級認定は非常に大切です。

認定等級が1級違うと慰謝料も数百万円以上変わってくることがあるので、できるだけ高い等級認定を目指す必要があります。

2.後遺障害等級認定を弁護士に依頼するメリット

後遺障害等級認定を弁護士に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

2-1.適切な手続きを選択できる

後遺障害認定の方法には、事前認定被害者請求の2種類があります。

事前認定は相手の保険会社に任せる方法、被害者請求は被害者自身が自分で手続きする方法です。

被害者が自分で対応すると事前認定を利用することがほとんどで、場合によっては適切に認定を受けられない可能性もあります。弁護士に依頼すると、適宜被害者請求を選択して必要な資料を提出するなどして積極的に認定を目指すことが可能となります。

2-2.必要な資料を集められる


後遺障害認定を受けるには、症状や交通事故との因果関係などを証明するための資料が非常に重要です。

たとえば診断書やMRI、レントゲンやその他の各種の検査結果、医師による意見書、医療照会回答書などです。

被害者が一人で対応していると、どのような検査を受ければよいのかや、どういった資料を集めたら良いのか、どこの病院に通えば良いのかなどわからないケースも多々ありますが、弁護士がついていれば適切に対応できて、より高い等級の認定を受けやすくなります。

2-3.適切なアドバイス

交通事故で後遺障害認定を受けるには、事故当初から適切に対応しておく必要があります。

どのような病院に通院するのか、どのような検査をしてもらえばよいのか、医師とどのようにコミュニケーションを取るのかなど配慮しておきたいことがいろいろあります。

弁護士に相談していれば、こうした対応方法についてアドバイスを受けられるので、後の後遺障害等級認定を行う際に有利になりやすいといえます。

 

当事務所では、交通事故被害者の後遺障害認定獲得に積極的に取り組んでいます。群馬で交通事故に遭われた際には、是非とも一度、ご相談下さい。