人身傷害補償保険は主に自分や家族のための保険で実際の損害の程度に応じた補償されるのに対して、搭乗者傷害保険は契約車両に同乗していた人のための保険で、契約であらかじめ定められた定額の保険金が支払われる保険であるといった両者の特徴を説明いたします。

A.「人身傷害補償保険」は実際の損害の程度に応じた補償がされ、「搭乗者傷害保険」は契約であらかじめ決められた定額の保険金が支払われます。

人身傷害補償保険は、いわゆる人身事故により被った損害について、保険契約(約款)上の損害額の算定基準により算定された金額が支払われるという保険です。実損填補型の保険と言われることもありますが、支払いを受けることができるのはあくまでも保険契約(約款)上の算定基準により算定される金額にとどまり、しかも、その金額は、裁判基準により算定される金額までは至らないというのが現状です。そのため、人身傷害補償保険のみで損害の全てが填補されるわけではありません。
なお、人身傷害補償保険は、免責規定に該当する場合を除けば、過失の有無やその程度にかかわらず、保険金の支払いを受けることができます。

搭乗者傷害保険は、契約車両に乗車していて交通事故に遭って亡くなった場合や怪我をされた場合に、契約であらかじめ決められた一定額の保険金が支払われるという保険です。交通事故当時、契約車両に乗っていた人全てを対象にしている点が特徴といえます。保険金の種類には、死亡保険金、後遺傷害保険金、重度後遺障害特別保険金、重度後遺障害介護費用保険金、医療保険金などがありますが、いずれも、保険契約(約款)で定められた一定金額ということになり、損害の程度に応じて保険金の額が算定されるわけではありません。