Q.交通事故による損害賠償請求権にも時効はありますか?

A. 交通事故による損害賠償請求権にも時効はあります。

損害賠償請求権の消滅時効期間は、交通事故のような不法行為の場合、損害および加害者を知ったときから3年とされています(民法724条前段)。
また、(損害および加害者を知らなくても)不法行為のときから20年が経過すると、消滅時効にかかります(同条後段)。

自賠責保険に対する保険金の請求権の消滅時効期間は、2年です。
なお、2010年4月1日以降発生の事故については、自賠法改正により、消滅時効期間が2年から3年になりました(自賠法19条)。

では、「損害および加害者を知ったとき」とはいつになるのでしょうか?

消滅時効期間は、権利が行使できるようになった時点から進行が開始するとされています(民法166条1項)ので、「損害および加害者を知ったとき」はいつかということも、その観点から考えるべきです。

一般的な交通事故の場合、事故と同時に加害者を知ることになります。

では、損害を知るのはいつになるでしょうか?

死亡事故の場合には、「死亡した日」が、損害を知った日となります。

後遺症による損害の場合には、「症状固定の日」が、損害を知る日ということになります。