faq

交通事故で積載オーバーの積荷が損害を受けた場合、積載オーバーの分まで積荷の損害の賠償を請求することができますか?

交通事故が発生すると、自動車だけでなく、トラック等に積載されている積荷に被害が生じることがよくあります。

この場合、基本的には、自動車だけでなく、その積荷に生じた被害についても加害者側に請求することができるのですが、積載オーバーの積荷の場合には、次のような問題点があります。

つまり、交通事故においては、一般人が予見できないような事情から生じた損害は賠償すべき範囲から外れるとされているのですが、積載オーバーという事実は予見できないとして、積載オーバーの部分については賠償すべき範囲から外れる可能性があります。実際に、そのように判断した裁判例もあります。

この点、積載オーバーの程度がどれくらい大きいか等、様々な具体的事情を踏まえて賠償すべき範囲から外れないかが判断されると考えられますが、積載オーバーの分までの請求が認められない可能性もあります。

一覧に戻る

同じカテゴリーのよくある質問

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00