60代男性が背骨の骨折で併合11級が認定され、約1,118万円を獲得した事例

60代男性が背骨の骨折で併合11級が認定され、約1,118万円を獲得した事例

年齢:60代

職業:自営業

年齢:60代

職業:自営業

病傷名 第3胸椎圧迫骨折/多発性頸椎椎間板損傷/腰椎椎間板損傷
弁護士特約 -
解決方法 後遺障害等級認定サポート/相手方保険会社との示談交渉

ご依頼前の後遺障害等級

-

ご依頼後の後遺障害等級

併合第11級(11級7号、14級9号、14級9号)

ご依頼前の金額

-万円

ご依頼後の金額

1117万円

増額分

-万円

賠償額の詳細

損害項目 当事務所に
ご依頼前
当事務所に
ご依頼後
休業損害 82万円
傷害慰謝料 165万円
逸失利益 647万円
後遺障害慰謝料 420万円
合計 万円 1314万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

 高崎市在住の60代男性(自営業)が、車を運転中に交差点での出会い頭事故に遭われました。衝突時の衝撃は大きく、背骨の圧迫骨折等のお怪我を負われました。

 事故から4ヶ月ほど経過して、相手保険会社の言うとおりに進めていくことに違和感があるとの事で、相談にお越しいただきました。
 その結果、今後の後遺障害申請や示談交渉を任せたいということになり、ご依頼となりました。

当事務所が対応した結果

後遺障害認定サポート

 後遺障害診断書を作成してもらう前までは、しっかりと通院してもらうようお伝えいたしました。

 その際に、診察時には痛みやしびれ等の症状をもれなく、主治医に伝えるようアドバイス致しました。

 また、圧迫骨折が陳旧性(本件事故前のもの)か本件事故のものかを明らかにするために、MRIを撮影するようアドバイスを行いました。また、後遺障害診断書を作成する診察の際には、圧迫骨折部位の痛みをしっかりと前記診断書に記載してもらうようアドバイスを行いました。

併合11級が認定


 MRIによって、圧迫骨折の存在が明らかとなり、後遺障害として無事併合11級が認定されました。

 認定理由には、骨折部位の痛みについても言及されており、骨折部位の痛みも含めての結果となりました。

 また、示談交渉においては、特に休業損害や後遺障害逸失利益で争いがありました。
 独自に作成した資料を提出するなどして交渉を重ねた結果、無事に裁判記基準での示談となりました。

related

高次脳機能障害で2級が認定され、約3,370万円を獲得した事例

11級

2021.09.17

高次脳機能障害で2級が認定され、約3,370万円を獲得した事例…

依頼後の増額-

むちうちで14級が認定された事案で、事前提示約130万円を255万円(約2倍)に増額した事例

11級

2021.09.17

むちうちで14級が認定された事案で、事前提示約130万円を255…

依頼後の増額125

第7胸椎圧迫骨折、右舟状骨骨折で併合10級が認定され、約2,683万円を獲得した事例

11級

2021.09.17

第7胸椎圧迫骨折、右舟状骨骨折で併合10級が認定され、約2,68…

依頼後の増額-

解決実績を全て見る

交通事故で怪我をされた方は、
山本総合法律事務所へ

通院日数が少なかったにもかかわらず、裁判基準の慰謝料を獲得し、当初より約3倍に増額した事例

一覧に戻る

70代主婦が下肢の偽関節や足関節の可動域制限などで併合6級が認定され、合計約2667万円を獲得した事例

point

詳しくはこちら

support

詳しくはこちら

fee

詳しくはこちら

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00