弁護士費用特約とは

 弁護士費用特約とは、交通事故の損害賠償請求についての示談交渉や裁判を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用について、一定額を限度として保険会社から支払いを受けることが出来るというものです。要するに、限度額の範囲内であれば、弁護士費用をご自身の加入されている保険会社が負担してくれ、ご本人は弁護士費用を負担せずに弁護士に依頼することができるというものです。

事故の状況によっては保険会社が示談交渉してくれない事も

任意自動車保険に加入していて交通事故に遭った場合、自分の保険会社の担当者が相手と示談交渉に当ります。しかし、事故の状況によっては、加入している保険会社が示談交渉をしてくれないので、自分で示談を進めなければなりません。保険や事故の知識に長けた保険会社の担当者を相手に示談交渉を進めるのは至難の業です。弁護士費用特約に加入していれば、そのような事故に遭った場合でも、弁護士費用の負担をそれほど心配せずに、示談交渉を弁護士に依頼することができます。

自身が過失ゼロのケースは自力での交渉が必要

 それでは、自分が加入している保険会社が示談交渉をしてくれない事故とはどのようなケースでしょうか。自動車保険は事故の賠償に備えるのが目的の保険なので、加入者側に過失がなければ賠償責任が発生しないので、保険会社も示談代行を行うことができません。例えば、駐車中に追突された場合や、信号待ちで停車中に追突された場合、被害者の過失は0%で相手側への賠償が発生しません。したがって、このような場合に、自身の加入している保険会社が示談代行をすることが出来ませんので、被害者本人が自分で示談交渉を進めなければなりません。こうした場合でも、弁護士費用特約があれば安心できるでしょう。

弁護士に依頼するメリット

 交通事故の損害賠償の示談交渉においては、弁護士に依頼することにより、相手方の保険会社とのやり取りは弁護士が代理人となって交渉します。ですので、直接相手方とやり取りをすることなく交渉を進めることができます。    また、弁護士が介入することで賠償額が大きく増額する事例が多く(参考:損害賠償の実情―こんなにちがう!賠償金-)、この意味でも、弁護士に依頼するメリットは大いにあると言えるでしょう。

 この点、自動車保険に弁護士費用特約をつけておくことで、万が一の際に大きな助けになると言えます。

弁護士費用特約を使うには?

 まずは事故時に特約があったかどうかの確認が必要です。ご自身の保険証券を確認するか、保険会社に直接電話等で確認していただくのも良いでしょう。

 次に、起きた事故に関して特約が使用可能かどうかの確認も必要です。事故の内容によっては使用不可の場合もありますので、弁護士にご相談される前に確認されることをおすすめします。

 また、被害者本人が特約をつけていなかったとしても、被害者と同居している家族の自動車保険に弁護士費用特約が付帯していれは使用できるケースもあります。被害者本人だけでなく、ご家族の契約も確認していただくとより良いでしょう。