交通事故後の後遺障害等級認定を受けるための調査事務所への申請には、相手方の保険会社が代理で行ういわゆる「事前認定」と、被害者本人が行う「被害者請求」とがあります。

事前認定は、加害者が加入する保険会社に、後遺障害診断書等の必要書類を渡して、保険会社から自賠責損害調査事務所に対して申請を行うように任せるというものです。この手続きは、自身で書類を用意したり事務手続きを取る必要がないので、被害者ご本人の手間はかかりません。しかし、被害者に有利な資料や意見書を付けることができず、相手方の保険会社に有利な資料や意見書が付けられる可能性もあります。そういった申請のやり方が、不利な認定結果に繋がるという恐れがないとはいえません。

一方、被害者請求は、被害者自身が書類や資料をとりまとめて直接申請を行うものです。こちらは、自身で資料を用意したり事務手続きを取る必要がありますので、その分被害者ご自身の手間がかかります。しかし、被害者に有利な資料や意見書を付けることができますので、妥当な等級認定を受けるためには、より良い方法であるといわれています。

以上に述べましたとおり、手間点を重視すれば事前認定の方が良いといえないこともないですが、妥当な後遺障害等級の認定を受けられる可能性を少しでも高めたいのであれば被害者請求の方が良いと考えられています。もっとも、もちろん被害者請求をすれば必ず妥当な後遺障害等級が認定されるというわけではありませんし、逆に、事前認定であっても妥当な後遺障害等級の認定がなされることはあります。

手続きの選択でお悩みの方は、交通事故による損害賠償に精通した弁護士にご相談ください。