case81 むちうち等の症状で54万円の示談金額が提示されていた件につき、当事務所のサポートで後遺障害14級9号が認定され、交渉により約282万円を獲得した事例

ご依頼者様データ

被害者高崎市在住の40代女性(専業主婦)
事故状況ご依頼者様:車 /  相手方:車
傷病名頚椎挫傷、腰椎挫傷、右腕挫傷
後遺障害等級14級9号
当事務所の対応ポイント後遺障害等級認定サポート
相手方保険会社との示談交渉
対応結果適切な後遺障害等級の認定
裁判基準での賠償金獲得

賠償額の内容

主な費目保険会社の提示額解決額増加額
休業損害17万円93万円76万円
傷害慰謝料66万円83万円17万円
後遺障害逸失利益0円81万円81万円
後遺障害慰謝料0円110万円110万円
賠償総額54万円282万円228万円(約5.2倍)

ご相談・ご依頼のきっかけ

井上弁護士

 群馬県高崎市在住の40代女性が運転中に、丁字路での出合い頭事故に遭われました。

 頚椎挫傷、腰椎挫傷、右腕挫傷のお怪我を負われ、約7ヶ月間通院しましたが、首と腰の痛みが残ったままの状態でした。

 にも関わらず、相手方保険会社から治療費の打ち切り通告を受け、賠償総額54万円という示談提示がありました。

 「弁護士にお願いすれば金額が上がるのか知りたい」との事でご相談にお越しいただき、後遺障害認定の可能性や、賠償額増額の可能性をお伝えしたところ、ご依頼いただく事となりました。

当事務所の対応

 まずは後遺障害等級の申請に向けて、刑事記録や診断書類、画像データなどを取り寄せ、事故状況や症状の経過等の把握を行いました。

 それらを踏まえて残存している症状についての意見書などの作成をしたうえで、後遺障害の申請を行いました。

 等級認定後は、裁判基準(交通事故の損害賠償で使用される基準の中でもっとも高額な基準)で損害額を計算し、交渉を行いました。

当事務所が対応した結果

当事務所のサポート

当事務所の後遺障害認定サポートにより、後遺障害14級9号が認定されました。

 上記を踏まえて交渉した結果、賠償の点でも、相手方保険会社より休業損害部分で90万円を超えるなど、裁判基準での金額提示がありましたので、ご本人にもご了承を得て示談に至りました。

 結果、当初54万円という提示金額であったところ、5倍以上も増額した282万円での解決となりました。

弁護士の所感(解決のポイント)

井上弁護士

 本件では、既に保険会社より示談案が提示されている状態で相談に来られましたが、残存症状があったことで、治療費打ち切り後も自費で通院を継続されていました。

 ご依頼後は後遺障害等級の申請を行い、その結果が出てから賠償金の交渉を行うことを勧めさせていただきました。

 当事務所の活動の結果、後遺障害(第14級9号)が認定され、賠償額の点でも事前提示から5倍以上も増額した金額を獲得することができました。

 当初の示談案で解決してしまうと、本来得られるはずの補償を受け取れない結果となってしまうところでした。

 ご本人様にも満足していただける結果を得られましたので良かったと思います。

示談前に、弁護士による査定をおすすめします

 今回の様に、保険会社からの示談案が妥当でないケースは多くあります。

 しかも、示談案の内容は専門用語や見慣れない計算式で構成されており、初めて交通事故に遭われた方にとっては、内容が妥当かどうかも判断が難しいことと思います。

 良く分からないまま示談してしまうと、適切な賠償を受けられず終わってしまう事も考えられます。そうならないためにも、一度我々弁護士にお見せいただければ幸いです。

交通事故で怪我をされた方は、山本総合法律事務所へ
タイトルとURLをコピーしました
電話番号:0120783981
メール問合せ
LINE問合せ