短期間で二度の事故に逢ったケースで、弁護士の交渉により賠償額が約2倍になった事例

短期間で二度の事故に逢ったケースで、弁護士の交渉により賠償額が約2倍になった事例

年齢:30代(渋川市)

職業:会社員

年齢:30代(渋川市)

職業:会社員

病傷名 頚部挫傷
腰部挫傷
弁護士特約 あり
解決方法 後遺障害等級認定サポート
相手方保険会社との示談交渉

ご依頼前の後遺障害等級

14級9号

ご依頼後の後遺障害等級

14級9号

ご依頼前の金額

142万円

ご依頼後の金額

279万円

増額分

137万円

賠償額の詳細(抜粋)

損害項目 当事務所に
ご依頼前
当事務所に
ご依頼後
傷害慰謝料 60 万円 101万円
後遺障害逸失利益 32 万円 74万円
後遺障害慰謝料 50 万円 101万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

運転中車 対 車の事故。
渋川市在住の男性が運転中に追突事故に逢い、受傷されました。頚部や腰部の挫傷で通院を続けたところ、首の痛みや手指のしびれが残ってしまい、事前認定により後遺障害14級9号が認定されました。
加害者の保険会社から示談金の提示がありましたが、「金額に納得できない」との事でご相談に来所されました。
弁護士が金額の査定を行ったところ、弁護士の交渉によって増額可能性が高いことからご依頼となりました。

当事務所が対応した結果

2つの事故

男性は今回の事故の5ヶ月前にも追突事故の被害に遭っており、その治療中に今回の事故が起きてしまった状況でした。
一度目の事故は治療中に示談することとなってしまった経緯もあり、二度目の事故の提示金額に納得できないとのご相談でした。

交通事故の損害賠償で最も高い基準である弁護士基準(裁判所基準)で算定を行い、保険会社に請求を行いました。
その結果、こちらの請求額がほぼ認められる形で示談が成立し、当初の提示額から137万円増額した279万円を獲得することができました。

解決のポイント

井上弁護士本件は、第1事故の治療中に第2事故が発生した事案でした。
短期間に複数の交通事故被害に遭った場合、負傷部位によって保険会社の治療費の対応関係が変化したり、事故による損害のうち、第1事故と第2事故のそれぞれの相手方の責任の範囲を検討する必要があるなど、事案が複雑化します。このような場合に対応を誤ると、適切な賠償を受けることができなくなる等不利益を被る恐れがあります。
そのため、短期間に複数の事故に遭った場合には、早期に弁護士に相談し、適切なアドバイスを受けることをお勧めします。

related

80代男性が左足指の機能障害により11級9号が認定された事案で、弁護士の交渉により419万円増額したケース

14級

2022.09.13

80代男性が左足指の機能障害により11級9号が認定された事案で、…

依頼後の増額419

361万円の賠償額が、弁護士の交渉により約2倍の1051万円に増額した事例

14級

2022.09.09

361万円の賠償額が、弁護士の交渉により約2倍の1051万円に増…

依頼後の増額690

短期間で二度の事故に逢ったケースで、弁護士の交渉により賠償額が約2倍になった事例

14級

2022.09.06

短期間で二度の事故に逢ったケースで、弁護士の交渉により賠償額が約…

依頼後の増額137

解決実績を全て見る

交通事故で怪我をされた方は、
山本総合法律事務所へ

異議申立により胸骨の変形で12級が認定され、824万円が補償された事例

一覧に戻る

361万円の賠償額が、弁護士の交渉により約2倍の1051万円に増額した事例

point

詳しくはこちら

support

詳しくはこちら

fee

詳しくはこちら

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00