バイク事故で後遺障害12級が認定された自営業の男性につき、弁護士の交渉で事前提示から約2倍に増額した事例

バイク事故で後遺障害12級が認定された自営業の男性につき、弁護士の交渉で事前提示から約2倍に増額した事例

年齢:60代(前橋市)

職業:自営業

年齢:60代(前橋市)

職業:自営業

病傷名 右膝蓋骨軟骨損傷
解決方法 相手方保険会社との示談交渉

ご依頼前の後遺障害等級

12級7号

ご依頼後の後遺障害等級

12級7号

ご依頼前の金額

326万円

ご依頼後の金額

637万円

増額分

311万円

賠償額の詳細(抜粋)

損害項目 当事務所に
ご依頼前
当事務所に
ご依頼後
休業損害 324 万円 113万円
傷害慰謝料 168 万円 194万円
後遺障害逸失利益 152 万円 225万円
後遺障害慰謝料 100 万円 261万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

青信号前橋市在住の男性がバイクに乗って信号待ちをしており、青信号になったため発進したところ、対向車線から急に右折してきた相手車両と衝突する事故に遭われました。
男性は衝突の衝撃により右膝や顔面などを負傷されました。
約2ヶ月に及ぶ入院と1年半の通院を続けましたが、右足を真っ直ぐに立てる事ができなかったり、正座できない等の後遺症が残ってしまいました。

事前認定により後遺障害12級7号が認定されると相手方の保険会社から金額の提示があり、「妥当なのか相談したい」とご連絡をいただきました。
当方で裁判基準による査定を行ったところ、相手保険会社の提案額は明らかに低額であったため、ご依頼をお受けして代理人として交渉を行うことになりました。

当事務所が対応した結果

適切な休業損害と後遺障害逸失利益の算定

ご依頼者が個人事業主であったため、収入資料として青色申告書類等の提出を依頼しました。
もっとも、コロナの影響により収入が大幅に減少していたため、年齢別の平均賃金程度は得られる蓋然性があることを主張しました。
また、現在の支障を詳細に聞き取り、相手保険会社に状況説明文書を作成するようにしました。

関連リンク

300万円を超える増額

その結果、休業損害、傷害慰謝料、後遺障害逸失利益、後遺障害慰謝料について、保険会社の事前提案から大幅に増額することができました。
結果として、依頼前よりも311万円増額した、637万円での示談が成立しました。

弁護士の所感(解決のポイント)

武多和弁護士相手保険会社の事前の提案は、自賠責保険基準に近く、ご依頼者の現在の症状に応じた損害額とはかけ離れたものでした。
そのため、現在生じている支障を詳細に説明し、後遺障害分(後遺障害逸失利益、後遺障害慰謝料)を増額することができました。
また、休業損害については、会社員と異なり、休業損害証明書がなかったため、入通院期間の症状の推移や仕事の内容を詳細に伝え、適切な休業期間で算定した休業損害を獲得することができました。
結果として、事前提示金額の2倍の金額で示談が成立しました。

related

自転車事故により膝関節の可動域制限が残った男性につき、12級7号が認定され1580万円が補償された事例

12級

2022.07.04

自転車事故により膝関節の可動域制限が残った男性につき、12級7号…

依頼後の増額1580

鎖骨の変形や小指の機能障害などで併合12級が認定され、合計780万円を超える損害賠償が認められた事例

12級

2022.07.01

鎖骨の変形や小指の機能障害などで併合12級が認定され、合計780…

依頼後の増額780

事故から4日後にお問合せいただき、当事務所のサポートで後遺障害10級10号が認定され、2219万円の賠償金が補償された事例

12級

2022.06.28

事故から4日後にお問合せいただき、当事務所のサポートで後遺障害1…

依頼後の増額2219

解決実績を全て見る

交通事故で怪我をされた方は、
山本総合法律事務所へ

60代兼業主婦が自転車事故による骨折で後遺障害12級7号が認定され、約1221万円が補償された事例

一覧に戻る

50代男性が原付バイクの事故により左手TFCC損傷などで併合10級が認定され、合計で2417万円が補償された事例

point

詳しくはこちら

support

詳しくはこちら

fee

詳しくはこちら

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00