80代女性が死亡した交通事故につき、約1ヶ月で保険会社の提示額から455万円増額した事例

80代女性が死亡した交通事故につき、約1ヶ月で保険会社の提示額から455万円増額した事例

年齢:80代(伊勢崎市)

職業:無職

年齢:80代(伊勢崎市)

職業:無職

病傷名 死亡
解決方法 相手方保険会社との示談交渉

ご依頼前の金額

2045万円

ご依頼後の金額

2500万円

増額分

455万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

葬儀伊勢崎市在住の80代女性が歩いて道路を横断していたところ、駐車場から出てきた相手車両n衝突される交通事故に遭われました。
頭蓋骨骨折などの重症を負われ、病院に救急搬送されましたが翌日亡くなられました。
目撃者がおらず、詳しい事故状況は分からない状態でした。
ご遺族に加害者の保険会社から賠償金の提示が届きましたが、その金額について妥当な金額であるのか不明であるとのことで、当方にご相談にお越しになりました。
当方で内容を検討したところ、死亡逸失利益については裁判所基準よりも高額に算定されていたものの、過失割合や死亡慰謝料が妥当な金額ではなく、その旨ご説明の上、当方に依頼していただきました。

■参考リンク:死亡事故の損害賠償は弁護士へ

当事務所が対応した結果

過失割合の検討と死亡慰謝料の増額

過失割合については検察から実況見分調書を取り寄せ、事故状況を詳しく分析しました。
加害者の保険会社にも事故状況の説明を行い、なるべく過失が0になるように交渉しました。
また、死亡慰謝料については、被害者が生前にどのようなことをしていた人であるかを詳細に説明したり、遺族の方々のお気持ちを詳細に説明しました。

過失割合の低減、死亡慰謝料が約2倍に

その結果、過失割合としては、当初の提示は被害者に10%の過失があるという内容でしたが、5%まで下げることに成功しました。
また、死亡慰謝料としても、当初の金額の約2倍の金額まで増額することに成功しました。

弁護士の所感(解決のポイント)

岡部弁護士過失割合や死亡慰謝料について、ご遺族の方々には譲れない点がありました。
その点を保険会社に詳細に説明した結果、保険会社の担当者にもこちらの要望を認めさせる事ができた点が良かったと思います。

related

顔の傷跡が見落とされていた50代男性につき、異議申立で併合12級が認定され、157万円の賠償額が519万円に増額した事例

接触事故

2022.08.05

顔の傷跡が見落とされていた50代男性につき、異議申立で併合12級…

依頼後の増額362

せき柱の変形障害や手関節の機能障害などで併合10級が認定された40代男性につき、合計1800万円を超える賠償金が認められたケース

接触事故

2022.08.04

せき柱の変形障害や手関節の機能障害などで併合10級が認定された4…

依頼後の増額1858

60代女性の死亡事故で、被害者参加制度によって刑事裁判に参加し、損害賠償金として2800万円が補償された事例

接触事故

2022.07.28

60代女性の死亡事故で、被害者参加制度によって刑事裁判に参加し、…

依頼後の増額2795

解決実績を全て見る

交通事故で怪我をされた方は、
山本総合法律事務所へ

10代学生が当事務所のサポートにより肘関節の可動域制限で12級6号が認定され、合計1820万円を獲得した事例

一覧に戻る

20代女性が当事務所のサポートにより上腕骨骨折などで後遺障害12級が認定され、1201万円が補償された事例

point

詳しくはこちら

support

詳しくはこちら

fee

詳しくはこちら

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00