事前認定で非該当であったが、当事務所の異議申立によりむちうち等で併合14級が認定され、約370万円を獲得した事例

事前認定で非該当であったが、当事務所の異議申立によりむちうち等で併合14級が認定され、約370万円を獲得した事例

年齢:40代

職業:兼業主婦

年齢:40代

職業:兼業主婦

病傷名 頚椎捻挫(むちうち)/腰部挫傷
弁護士特約 -
解決方法 後遺障害等級認定サポート(異議申立)/ 相手方保険会社との示談交渉

ご依頼前の後遺障害等級

-

ご依頼後の後遺障害等級

併合第14級

ご依頼前の金額

-万円

ご依頼後の金額

370万円

増額分

-万円

賠償額の詳細

損害項目 当事務所に
ご依頼前
当事務所に
ご依頼後
休業損害 81万円
傷害慰謝料 92万円
後遺障害逸失利益 82万円
後遺障害慰謝料 110万円
合計 万円 365万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

 相手方保険会社のすすめに従い、事前認定を受けたものの、結果が非該当(自賠責保険における後遺障害には該当しない)でした。

 ご自身としては後遺症が残っているのは明らかであり、結果に納得できないということで、当事務所でご相談を受け、ご依頼となりました。

当事務所が対応した結果

当事務所の対応

ご依頼頂いた後、非該当という後遺障害の結果について異議申立を行いました。
異議申立の際には、次の点を指摘する意見書を作成しました。

①事前認定の結果(非該当)が出た後に撮影されたMRI画像において症状との関連が疑われる異常所見が見られること

②症状固定後も強い症状が続いてため通院治療を継続していること

③症状固定後も通院治療を継続しているものの症状が改善する兆しが見られないこと

また、意見書のほかに、画像所見や症状の推移についての主治医の回答を取り付けて提出しました。

当事務所が対応した結果


 異議申立の結果、頚部痛及び腰部痛が、それぞれ14級9号(局部に神経症状を残すもの)に該当するとの認定を受けることが出来ました。

 この結果を踏まえて、加害者の保険会社との間で示談交渉を行いました。

 示談交渉の結果、慰謝料(傷害慰謝料及び後遺障害慰謝料)について裁判所の基準により算定した金額が認められたほか、休業損害については家事が出来なかったことについて80万円を超える金額の損害が認められ、合計約370万円で示談となりました。

related

高次脳機能障害で2級が認定され、約3,370万円を獲得した事例

14級

2021.09.17

高次脳機能障害で2級が認定され、約3,370万円を獲得した事例…

依頼後の増額-

むちうちで14級が認定された事案で、事前提示約130万円を255万円(約2倍)に増額した事例

14級

2021.09.17

むちうちで14級が認定された事案で、事前提示約130万円を255…

依頼後の増額125

第7胸椎圧迫骨折、右舟状骨骨折で併合10級が認定され、約2,683万円を獲得した事例

14級

2021.09.17

第7胸椎圧迫骨折、右舟状骨骨折で併合10級が認定され、約2,68…

依頼後の増額-

解決実績を全て見る

交通事故で怪我をされた方は、
山本総合法律事務所へ

頭部外傷を負った60代男性に後遺障害1級が認定され、約1億円を獲得した事例

一覧に戻る

当事務所の認定サポートによりむちうちで後遺障害等級14級9号が認定され、約280万円の慰謝料を獲得した事例

point

詳しくはこちら

support

詳しくはこちら

fee

詳しくはこちら

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00