20代学生が左大腿骨骨折で後遺障害14級が認定された件につき、裁判により保険会社の提示額から約280万円増額した事例

20代学生が左大腿骨骨折で後遺障害14級が認定された件につき、裁判により保険会社の提示額から約280万円増額した事例

年齢:20代(高崎市)

職業:学生

年齢:20代(高崎市)

職業:学生

病傷名 左大腿骨骨幹部骨折、左精巣外傷
解決方法 相手方保険会社との示談交渉
裁判

ご依頼前の後遺障害等級

14級

ご依頼後の後遺障害等級

14級

ご依頼前の金額

201万円

ご依頼後の金額

480万円

増額分

279万円

賠償額の詳細(抜粋)

損害項目 当事務所に
ご依頼前
当事務所に
ご依頼後
傷害慰謝料 102 万円 139万円
後遺障害慰謝料 32 万円 110万円
逸失利益 107 万円 148万円
看護料 0 万円 32万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

20代の学生がバイクを運転中、信号のない交差点において一時停止をせずに進入してきた自動車に衝突されました。
大腿骨骨折等の怪我を負い、入院及び通院を強いられました。
治療期間は1年弱に及び、症状固定後に後遺障害14級が認定されました。
相手の保険会社から提案があった段階で、ご家族よりお問合せをいただき交渉をお任せいただく事になりました。

当事務所が対応した結果

訴訟(裁判)により280万円の増額

相手方保険会社の提案は約201万円という金額でしたが、これは後遺障害の等級から見て低い金額であると言わざるを得ませんでした。
保険会社と交渉を重ねましたが保険会社は増額を拒んだため、ご依頼者とご相談のうえで訴訟に踏み切りました。
結果、裁判上の和解により約480万円にまで賠償額を増額させることに成功しました。

過失割合の低減

過失割合については、保険会社は10対90を主張していました。
訴訟により0対100を認めさせ、ご依頼者には一切過失がない内容での和解となりました。

看護料の獲得

当初保険会社が提示しなかった看護料は、裁判により約32万円が認められました。

related

顔の傷跡が見落とされていた50代男性につき、異議申立で併合12級が認定され、157万円の賠償額が519万円に増額した事例

14級

2022.08.05

顔の傷跡が見落とされていた50代男性につき、異議申立で併合12級…

依頼後の増額362

せき柱の変形障害や手関節の機能障害などで併合10級が認定された40代男性につき、合計1800万円を超える賠償金が認められたケース

14級

2022.08.04

せき柱の変形障害や手関節の機能障害などで併合10級が認定された4…

依頼後の増額1858

60代女性の死亡事故で、被害者参加制度によって刑事裁判に参加し、損害賠償金として2800万円が補償された事例

14級

2022.07.28

60代女性の死亡事故で、被害者参加制度によって刑事裁判に参加し、…

依頼後の増額2795

解決実績を全て見る

交通事故で怪我をされた方は、
山本総合法律事務所へ

40代会社員がむちうちで14級が認定された件につき、保険会社の提示額から130万円増額した事例

一覧に戻る

40代主婦がむちうちにより14級が認定された件につき、裁判によって140万円増額した事例

point

詳しくはこちら

support

詳しくはこちら

fee

詳しくはこちら

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00