具体的事情によっては、違法駐車していた自動車の運転者にも損害賠償請求できる可能性があります。

まず、不法行為(民法709条)という根拠で損害賠償請求することが考えられますが、この場合、相手の故意又は過失によって損害を受けたといえることが必要になります。

ご質問のように違法駐車していた運転者については、まず、過失が問題になります。これについては、他の通行者に危険が及ぶような方法で違法駐車していたのであれば、過失が認められることになるでしょう。

次に、その違法駐車という行為によって事故が起こったという因果関係が問題になります。この点、具体的な事情によりますが、他の自動車の通行にとってかなり邪魔になるような態様の違法駐車であれば、事故につながることも相当といえますので、因果関係が認められることもあり得るでしょう。

これらの要件を満たせば、不法行為に基づいて、物損や人損に基づく損害について賠償請求することができます。

また、違法駐車していた運転者に対して、運行供用者責任(自賠法3条)という責任を追及できる可能性もあります。これは、人損について相手方の自賠責保険会社に保険金を請求する関係で、特に問題になります。

この責任が成立するには、「運行によって」損害を与えたということが必要になりますが、具体的事情によっては、駐車していたことも「運行」に当たることがあるので、運行供用者責任を追及できる可能性もあります。