交通事故の損害賠償請求権の時効は、交通事故被害者またはその法定代理人(例えば、被害者が未成年の場合はその親)が、損害と加害者を知った時から3年です。

「損害を知ったとき」とは、死亡事案の場合は被害者が亡くなった日、傷害関係の損害については傷害が治癒したときか症状固定のとき、後遺障害関係の損害については症状固定のときという理解が一般的です。

損害賠償の時効には、中断の制度があります。加害者が損害の一部の支払いを行ったり、損害賠償債務の存在を認める発言をするなど、損害賠償債務の存在を承認したと認められ場合には、時効は中断して、時効が中断した時点から、新たな時効が始まることになります。

また、被害者は加害者の加入している自賠責の保険会社に対して直接保険金の支払いを請求することができますが、この請求権は、平成22年4月1日以降に発生した交通事故については3年、それ以前の交通事故については2年という短期間で消滅するので注意が必要です。