保険会社が提示してきた過失割合に納得できない・・
過失割合はどうやって決めるのか?・・
加害者が嘘をついて過失割合を小さくしようとしている・・

交通事故に遭ったとき、保険会社が提示してくる過失割合に納得できない被害者の方が非常に多いです。
保険会社が提示する過失割合は、必ずしも適正なものとは限りません。
弁護士にご相談いただけましたら修正できる可能性があります。

1.過失割合とは

交通事故の示談交渉では、加害者と被害者それぞれの過失割合を決定します。
過失割合とは、交通事故の結果発生に対する加害者と被害者それぞれの責任割合のことです。
交通事故で過失割合を決めるのは「過失相殺」するためです。

過失相殺とは、被害者に過失がある場合において、その割合分、損害賠償額を減額することです。
被害者に過失がある以上、被害者にもその分の負担を負わせることが公平なので、過失割合が行われます。
被害者の過失割合が大きくなると、その分被害者が受けとれる賠償金額が少なくなってしまうので、被害者にとっては、自分の過失割合を小さくすることが重要です。

2.過失割合の決まり方

では、過失割合はどのようにして決まるのでしょうか?
多くの交通事故のケースでは、保険会社同士の話し合いによって決められてしまいます。

保険会社が当事者に対し「〇:〇でいいですか?」などと言ってきて、当事者が納得すれば、その割合で決定します。
そして被害者は自分に割り当てられた過失割合の分、減額された賠償金を受け取ることになります。

3.過失割合に納得できない場合の対処方法

3-1.保険会社の主張する過失割合は必ずしも適正ではない

保険会社が定めた過失割合は、必ずしも法的に適正とは限らないので注意が必要です。
過失割合には、これまでの裁判例の蓄積にもとづく法的な基準がありますが、保険会社は必ずしもその基準にもとづいて過失割合を提示しているわけではないからです。

被害者が気弱な人の場合などには、被害者に過大な過失割合を押しつけている可能性もあります。
また加害者が交通事故の状況について虚偽を述べており、その前提で過失割合を算定しているために被害者の過失割合が過大になっているケースも散見されます。

3-2.適切な過失割合を適用する方法

交通事故で正しい過失割合を当てはめるには、まずは事故の状況を正確に把握して、その上で法的に正しい過失割合の基準を適用する必要があります。
このような専門的な対応は、被害者個人には難しいものです。

弁護士であれば、実況見分調書を取得したりドライブレコーダーの画像を検証したり信号サイクル表を取り寄せたりして、事故状況を検証できますし、法的に適正な過失割合を当てはめることも可能です。

弁護士に依頼して過失割合が修正されるケースは多々ありますので、過失割合に納得できない被害者の方は、一度弁護士までご相談ください。