faq

好意同乗で交通事故を起こしてしまったときの責任は?

運転者の好意により無償で同乗していた自動車につき事故が発生し当該同乗者が被った損害については、運行供用者や運転者の当該同乗者に対する賠償責任の範囲を制限することができるかという問題があります。

この点については、一般に、次に挙げるような当該同乗者の類型に応じ、①の場合には減額せず、②③の場合には、過失相殺の規定の適用(又は類推適用)により賠償すべき金額を減ずる取扱いがされています。

①単なる便乗・同乗型

②危険承知型 事故発生の危険性が高いような客観的事実(運転者の無免許、薬物濫用、飲酒、疲労等)が存在することを知りながらあえて同乗した場合

③危険関与・増幅型 同乗者自身において事故発生の危険性が増大するような状況を現出させた場合(スピード違反をあおったような場合、定員超過の場合)

一覧に戻る

同じカテゴリーのよくある質問

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00