両肘関節の可動域制限や顔の傷跡で併合9級が認定され、合計約3,900万円を獲得した事例

両肘関節の可動域制限や顔の傷跡で併合9級が認定され、合計約3,900万円を獲得した事例

年齢:30代

職業:会社員

年齢:30代

職業:会社員

病傷名 右肘関節脱臼骨折/左上腕骨骨折/顔面挫創
弁護士特約 -
解決方法 後遺障害等級認定サポート/相手方保険会社との示談交渉

ご依頼前の後遺障害等級

-

ご依頼後の後遺障害等級

併合第9級/右肘関節の可動域制限について第10級10号(1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの)/左肘関節の可動域制限について第12級6号(1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの)/顔の傷跡について第12級14号(外貌に醜状を残すもの)

ご依頼前の金額

-万円

ご依頼後の金額

3900万円

増額分

-万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

 群馬県前橋市在住の30代男性が運転中に、道路を逆走してきた加害者運転の自動車と正面衝突するという事故に遭われました。

事故から1年以上が経過し、後遺障害の申請やその後の示談交渉を弁護士に任せたい、ということで当事務所でご相談を受け、ご依頼となりました。

当事務所が対応した結果

後遺障害の申請

リハビリ通院の終了後に症状固定となり、当事務所で後遺障害の申請を行いました。その結果、下記の通り後遺障害等級が認められました。

● 右肘関節の可動域制限について10級10号

● 左肘関節の可動域制限について12級6号

● 顔面の傷跡について12級14号

3つの後遺障害を併合し(複数の後遺障害が認められた場合、併合を行って1つの等級に定めます)、併合9級となりました。
その後、この結果をもとに加害者の保険会社との間で示談交渉を行いました。

裁判所の基準に従って算定された金額での示談

加害者の保険会社との間での示談交渉では、後遺障害が併合9級と認定されたことを前提に、全ての損害項目について裁判所の基準に従って損害額の算定を行うことを求めました。その結果、当方の提案内容が全面的に保険会社に認められ、裁判所の基準に従って算定された金額での示談となりました。

related

高次脳機能障害で2級が認定され、約3,370万円を獲得した事例

9級

2021.09.17

高次脳機能障害で2級が認定され、約3,370万円を獲得した事例…

依頼後の増額-

むちうちで14級が認定された事案で、事前提示約130万円を255万円(約2倍)に増額した事例

9級

2021.09.17

むちうちで14級が認定された事案で、事前提示約130万円を255…

依頼後の増額125

第7胸椎圧迫骨折、右舟状骨骨折で併合10級が認定され、約2,683万円を獲得した事例

9級

2021.09.17

第7胸椎圧迫骨折、右舟状骨骨折で併合10級が認定され、約2,68…

依頼後の増額-

解決実績を全て見る

交通事故で怪我をされた方は、
山本総合法律事務所へ

むちうち等の症状で54万円の示談金額が提示されていた件につき、当事務所のサポートで後遺障害14級9号が認定され、交渉により約282万円を獲得した事例

一覧に戻る

肩関節の可動域制限により12級が認定された事案で、約1,292万円を獲得した事例

point

詳しくはこちら

support

詳しくはこちら

fee

詳しくはこちら

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00