腰椎圧迫骨折で11級が認定された30代男性につき、交渉により625万円を増額した事例

腰椎圧迫骨折で11級が認定された30代男性につき、交渉により625万円を増額した事例

年齢:30代(高崎市)

職業:会社員

年齢:30代(高崎市)

職業:会社員

病傷名 第3腰椎圧迫骨、頸部挫傷、腰部挫傷
解決方法 相手方保険会社との示談交渉

ご依頼前の後遺障害等級

11級7号
(脊柱の変形傷害)

ご依頼後の後遺障害等級

11級7号
(脊柱の変形傷害)

ご依頼前の金額

425万円

ご依頼後の金額

1050万円

増額分

625万円

賠償額の詳細

損害項目 当事務所に
ご依頼前
当事務所に
ご依頼後
傷害慰謝料 94 万円 143万円
後遺障害逸失利益 196 万円 486万円
後遺障害慰謝料 135 万円 420万円
合計 425万円 1049万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

自動車vs自動車の事故。
ご依頼者は、左折しようと自車を減速させていたところ、後方の相手方車両に追突され、受傷しました。
ご依頼者は交通事故被害による受傷後、病院及び整骨院へ約290日通院されました(実通院日数147日)。
症状固定後、第3、第4腰椎の圧迫骨折が認められ、「脊柱に変形を残すもの」として後遺障害11級7号が認定されました。
ご依頼者は、保険会社から示談の提案を受けたのち、当事務所へご依頼されました。

当事務所が対応した結果

解決のポイント

事故前、転職が多かったことから、まずは収入に関する資料を集め基礎収入の検討を行いました。
作成した資料を添付する等して交渉を重ねた結果、当初の保険会社提示額は425万円でしたが、1050万円の賠償額を認めさせることに成功しました。

後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料

どちらの費目についても、保険会社は最も低い基準である「自賠責基準」での金額を提案していました。

後遺障害逸失利益については、腰椎の変形に伴う労働能力喪失について明確には認めない見解を主張していましたが、交渉の結果、労働能力喪失を認めさせ、196万円から486万円へ増額に成功しました。

また、後遺障害慰謝料については当事務所の受任後も裁判基準の80%である金額を主張していましたが、交渉の結果、裁判基準による420万円を認めさせました。

related

高次脳機能障害で2級が認定され、約3,370万円を獲得した事例

11級

2021.09.17

高次脳機能障害で2級が認定され、約3,370万円を獲得した事例…

依頼後の増額-

むちうちで14級が認定された事案で、事前提示約130万円を255万円(約2倍)に増額した事例

11級

2021.09.17

むちうちで14級が認定された事案で、事前提示約130万円を255…

依頼後の増額125

第7胸椎圧迫骨折、右舟状骨骨折で併合10級が認定され、約2,683万円を獲得した事例

11級

2021.09.17

第7胸椎圧迫骨折、右舟状骨骨折で併合10級が認定され、約2,68…

依頼後の増額-

解決実績を全て見る

交通事故で怪我をされた方は、
山本総合法律事務所へ

40代主婦がむちうちにより14級が認定された件につき、裁判によって140万円増額した事例

一覧に戻る

当事務所の後遺障害認定サポートにより高次脳機能障害・脊柱の運動障害で併合7級が認定され、4708万円が補償された事例

point

詳しくはこちら

support

詳しくはこちら

fee

詳しくはこちら

CONTACT

地元群馬の交通事故被害者側専門・弁護士法人山本総合法律事務所にご相談ください。
相談料金・着手金無料・完全成功報酬制・交通事故の専門領域において実績トップクラスの弁護士が対応いたします。

0120-783-9810120-783-981

受付時間:平日・土日祝 9:00~20:00