交通事故の被害に遭った場合、治療のため、自家用車で通院する場合がよくあります。このような場合、まず考えられる費用は、ガソリン代です。

バスや電車などの公共交通機関を利用すれば、その領収書をもらうことで、明確な費用を加害者側に説明することができます。一方、自家用車で通院した場合、ガソリン代がどれくらいかかったのかをはっきり示すものはないので、どのようにすればガソリン代を請求するかご心配な方もおられるかと思います。

この点、実務上、自家用車で通院した場合のガソリン代は、病院までの距離によって、1キロメートル当たり15円として計算され、ガソリン代の領収書等は必要ないのが通常です。

自家用車での通院の場合にかかる費用としては、ガソリン代の他には、有料道路の通行料や、駐車料金が考えられます。

これらについては、ガソリン代と異なり、常に必要とまでは言えないものですので、必ず実費全額が請求できるとは限りません。しかし、そのような出費が必要と言えれば、相当な範囲で請求することが可能です。例えば、遠くの病院に有料道路を利用して通わなければならないような事情があれば、相当な範囲で有料道路の通行料を請求することが可能です。