仕事中に交通事故の被害に遭った場合、労災保険も使うことができます。

交通事故の被害に遭った場合には、加害者が自賠責保険に加入しているのが通常ですので、加害者の自賠責保険が使えることになります。

一方で、被害者の仕事中の交通事故であれば、労災保険を使う要件にも該当することになります。この際、それが交通事故で加害者の自賠責保険が使えるからといって、労災保険が使えなくなるということはありません。

したがって、ご質問のケースでは、労災保険を使うこともできます。

ですので、勤務中に交通事故被害に遭われた方は、加害者の自賠責保険と、被害者の労災保険の両方が使えることになります。もっとも、両方に請求した場合にはその支給合計額が調整されることになりますので、二重取りができるわけではありません。

また、両方に請求できる場合には、どちらかに先に請求した方が良いという場合があり得ます。

詳細については、交通事故による損害賠償の実務に精通した弁護士にご相談下さい。