交通事故の被害に遭われた方の中には、経済的な理由やその他の理由で、弁護士に依頼(及びその前提としての相談)をすべきかどうか迷われている方もおられると思います。ここでは、相手方との交渉で弁護士に依頼することのメリットについてご説明いたします。

交通事故の被害にあった場合、慰謝料などの損害賠償について、通常、事故の当事者同士で話合いをするのでなく、相手方の加入する任意保険の担当者と話し合うことになります。

この場合に、一般の方が自ら保険会社の担当者と話し合おうとすると、経験と知識が豊富な相手方担当者と対等に交渉することができず、相手方の有利に進んでしまう場合がよくあります。この点、加害者側の保険会社は当然のことながら自社に有利な内容の示談をしようとするものですから、加害者側の保険会社が裁判で認められるであろう適正な賠償額に近い内容の提案をしてくることはほとんどありません。

そのため、交通事故被害者の中には、裁判で認められる金額よりも大幅に低い賠償額で示談してしまう方が多くおられます。
また、相手方との交渉を自ら行う場合、時間的・精神的な負担になることも多くあるでしょう。

弁護士に示談交渉等を依頼した場合、相手方保険会社との交渉を全て弁護士が引き受けて、知識と経験を活用することで、正当な賠償を求めることができるように努めます。

このように、交通事故被害にあった場合、相手方保険会社との交渉のために弁護士に依頼すると、相手方(保険会社の担当者)との交渉の負担を避け、適正な額の賠償を受ける可能性が高くなるというメリットがあるといえるでしょう。