交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • 私は会社を経営していますが、先月、従業員の一人が交通事故に遭い、長期の入院を余儀なくされることになりました。事故に遭った従業員には大きなプロジェクトを任せていましたが、彼が入院したことに

従業員が入院し、仕事で損害した場合

私は会社を経営していますが、先月、従業員の一人が交通事故に遭い、長期の入院を余儀なくされることになりました。事故に遭った従業員には大きなプロジェクトを任せていましたが、彼が入院したことによりプロジェクトが失敗に終わり会社に大きな損害が生じてしまいました。このような損害についても、交通事故の加害者に対して賠償を求めることはできますか?

A.会社の中核をなす人間が交通事故で怪我をして休業したことにより会社に生じた損害のことを「企業損害」ということがあります(事故に直接遭った者以外に生じた損害であることから「間接損害」と呼ばれることもあります)。

 「企業損害」については、原則として損害賠償の対象とならないとされていますが、企業規模が零細で、会社の事業活動が交通事故に遭った者の事業活動と同じと評価できる場合には、損害賠償の対象となることもあるとされています。

 例えば、会社形態を取っているが、従業員が全くおらず、経営者一人で事業の全てを行っており、会社の事業が経営者個人の事業と同視できる場合に、その経営者が交通事故に遭い、会社に損害が生じたという場合は、会社の損害についても加害者に損害賠償を求めることが出来る可能性は高いと考えられます。

 これに対して、今回のケースのような場合ですと、交通事故に遭った従業員の方が会社の中核をなす方であったとしても、会社の事業が事故に遭った従業員の方の事業活動と同じと評価することは困難ですので、仮にプロジェクトが失敗して会社に損害が生じたとしても、この損害について加害者に損害賠償を求めることは難しいと思われます。



modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 


 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F