case104 当事務所のサポートにより後遺障害14級が認定され、約400万円を獲得した事例

ご依頼者様データ

被害者前橋市在住の50代男性(会社員)
事故状況ご依頼者様:車 /  相手方:車
傷病名頚椎捻挫、腰椎捻挫等
後遺障害等級第14級9号
当事務所の対応ポイント後遺障害等級認定サポート相手方保険会社との示談交渉
対応結果適切な後遺障害等級の認定・裁判基準での賠償金獲得

賠償額の内容

主な費目当事務所のサポート結果
休業損害47万円
傷害慰謝料91万円
逸失利益150万円
後遺障害慰謝料106万円
合計400

ご相談・ご依頼のきっかけ

渋滞

 前橋市在住の50代男性が、運転中に渋滞のため停止していたところ、相手車両に追突される交通事故に遭われました。

 被害者の方はむちうちや腰椎捻挫のケガで通院していましたが、5ヶ月を超える頃に相手方保険会社から「治療費支払いの打ち切り」の打診がありました。

 事故に遭ってしまった事で日常生活や仕事に大きな影響が出ており、「弁護士に依頼して金額が上がるのであれば、お願いしたい」とご相談にお越しいただき、受任となりました。

当事務所の対応

症状固定後に、後遺障害申請

書籍

 症状固定後に後遺障害等級認定の申請を行いました。

 その際、事故状況や残存症状によるお仕事や日常生活での支障などを聞き取り、独自に意見書を作成し、資料と併せて提出しました。

 等級が認定された後は、弁護士が損害額の計算を行い、相手方の保険会社と交渉を行いました。

当事務所が対応した結果

示談

 後遺障害等級は第14級9号が認定されました。

 賠償額についても、裁判基準(弁護士が使える一番高い基準)に近い金額で交渉がまとまり、合計で約400万円の金額を獲得できました。

弁護士の所感(解決のポイント)

井上弁護士

ご依頼者様も驚かれる結果に

 ご依頼者様は当初、「自分の症状では後遺障害はつかないのではないか」と思われていました。

 しかし、ご相談時に詳しくお話を伺うと、通院の状況や自覚症状からみて、後遺障害等級が認定される可能性が高いケースでした。

 当方で申請を行ったところ、予想通り14級9号の認定がされ、賠償金も約400万円と、ご依頼者様も驚かれる金額となりました。

 むちうちや腰椎捻挫の事例では、後遺障害が認定されるかどうかで大きく金額が変わります。

 相手方保険会社との交渉でも妥協せず、良い結果を得ることができました。

 

タイトルとURLをコピーしました
電話番号:0120783981
メール問合せ
LINE問合せ