交通事故はある日突然起こります。
初めて交通事故に遭ってしまったという方がほとんどで、何をどうしたら良いかも分からない、という様な状況に陥ってしまわれる事でしょう。
一度交通事故の被害に遭われてしまうと、被害者の方が受ける肉体的あるいは精神的ダメージは計り知れません。
そのような状況でも、相手方保険会社(交通事故の相手方が契約している保険会社)とのやり取りを進めていかねばなりません。

  • 初めての交通事故で、何をどうしたら良いか分からない
  • 後遺症が残ったらどうすれば?
  • 家族が交通事故被害に遭ってしまった…

お困りの際には、被害者側の弁護士を頼って下さい。
以下で、交通事故が発生してから、解決までの流れを時系列でご説明いたします。

交通事故問題 解決までの大まかな流れ

1.交通事故発生と直後の対応
2.おけがの治療 
3.治療費の打ち切り・症状固定
4.後遺障害の等級認定
5.賠償額の提案を受けた
6.示談交渉・裁判(訴訟)
7.解決
8.こんな時には弁護士に相談を

1.交通事故発生と直後の対応 ~必ず警察に通報を~

まずは警察に通報する

交通事故に遭われた場合、すぐに警察に通報しましょう。警察の立ち会いのもとで実況見分を行い、「交通事故証明書」を発行してもらわないと、保険金が支払われない場合があります。
中には、事故の相手方に「警察には知らせないで欲しい」などと頼まれるケースもありますが、どんなに有利と思える条件を提示されても断りましょう。
また、後々過失割合が問題になる可能性もありますから、ドライブレコーダーの映像が上書きされないようSDカードを抜いておく等の措置をとってください。

相手方と連絡先を交換し、保険会社に連絡する

次に、事故の相手方とも連絡先を交換し、実況見分が終わったら自分の加入している保険会社に連絡を入れ、事故の状況や相手の情報を伝えます。
適切な損害賠償を受けるには、事故直後から適切に対応しておくことが大切です。
状況が落ち着き次第、交通事故に強い弁護士にご相談して、適切なアドバイスを受けておくと、後で有利になりやすいです。

2.おけがの治療

少しでも痛みや違和感などの自覚症状があれば、早めに病院に行き、必ず医師の診察を受けてください。
事故から間が空いてから診察を受けても、本当にその症状が交通事故によって生じたのかを証明することができず、治療費が支払われない可能性があります。
また、最初は接骨院や整骨院ではなく、病院で医師の診断を受ける事も重要です。
当事務所では治療やリハビリに関するご相談もお受けしていますし、ご入院中の方に向けて電話相談も実施しています。
治療に関してご不安や疑問がある場合はお問い合わせください。

 関連リンク:
【Q&A】交通事故に遭ったら、自覚症状がなくても病院に行った方がいい?

 

保険会社が治療費を打ち切ってくることも

保険会社は被害者にプレッシャーをかけて通院を辞めさせるため、治療費や休業損害を打ち切ってくるケースが多々あります。そのようなとき、自己判断で通院を辞めずに弁護士に相談してください。弁護士があなたに代わって交渉することで、保険会社の対応が変わる場合もあります。

症状固定とは

症状固定とは、治療を続けても症状のこれ以上症状の改善が見込めない状態をいいます。保険会社から「そろそろ症状固定にしましょう」というような提案があった場合、「治療を続けても良くならないのだから、もう終わりにしましょう」という意味でもあります。

また、その後の後遺障害の等級申請に進むためには症状固定の時期を決める必要があり、基本的には医師の診断を受け、医師に判断してもらう必要があります。

後遺症が残ってしまった場合、「症状固定」のタイミングは非常に重要ですので、医師や保険会社からそのような提案があった場合は弁護士にご相談ください。

 関連リンク:
■ 突然の治療打ち切り・・どうすればいい?
■ 【Q&A】後遺障害等級の申請をしたい。症状固定とはどんな状態を言うの?

 

4.後遺障害の等級認定

症状固定したら治療を終了し、後遺症が残っていたら「後遺障害の等級認定」を受けます。この時、何級になるかによって支払われる賠償金が大きく変わってきます。

山本総合の後遺障害の等級認定サポート

 当事務所では、これまで3800件を超える交通事故にまつわるご相談をお受けしており、後遺障害の等級認定についても専門的なノウハウを持っています。

 必要に応じて弁護士が病院に同行したり、医師に適切な後遺障害診断書を作成してもらうためのサポートを行っています。

結果に納得できなければ異議申立ても可能

 また、後遺障害の認定を受けたものの、思ったよりも低い等級であったというような場合は、異議申立てを行うことで結果が変わる可能性もあります。
 専門知識を有した弁護士があなたの後遺障害の見込みについて検討しますので、ご相談ください。

 関連リンク:
■ 後遺障害等級認定とは
■ 山本総合法律事務所の後遺障害等級認定サポートについて
■ 【Q&A】交通事故で後遺症が残った。後遺障害等級はどうやって決まるの?

 

5.賠償額の提案を受けた

 保険会社が賠償額の提案をする場合、その内容は被害者にとって必ずしも適正とは限りません。署名押印する前に弁護士にお見せいただけましたら幸いです。

「保険会社から示談金の提示があったけれど、見方が分からない」「金額が妥当なのか教えてほしい」といった場合も、弁護士にご相談ください。
 示談案の査定は無料で行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

6.示談交渉・裁判(訴訟)

 保険会社が提示してくる金額は低い基準であることが多く、弁護士が交渉することで金額がアップするケースは多々あります。
 当事務所では多数の経験をもとに、相手方保険会社と徹底的に交渉をし、妥協のない賠償を実現するため弁護活動を行います。
 交渉では適切な賠償を得られない場合には、裁判を提起して、ご依頼者様にとってより良い結果が得られるよう尽力します。

関連リンク:
■ 交通事故の慰謝料等の損害賠償額
■ 損害賠償の実情―こんなにちがう!賠償金-

 

7.解決

 保険会社との交渉や裁判が終了すれば、書面を取り交わし、賠償金を受け取ります。受け取りの時期は保険会社や金額によっても様々です。
 弁護士に依頼された場合は、弁護士料やかかった実費などを精算し、ご依頼者様にお振込します。
 なお、ご自身やご家族の任意保険に弁護士費用特約がついていれば、ほとんどのケースで弁護士料は保険会社の負担となり、賠償金をそのまま受け取ることができます。

 関連リンク:
弁護士費用特約について知りたい

 

8.こんな時には弁護士に相談を

  • 交通事故は初めての事で、何をどうしたらいいか分からない
  • 家族が事故に遭い入院中で、今後のことが不安
  • 後遺障害が認定されるか見込みが知りたい
  • 提案金額が妥当かどうか見て欲しい

起きてしまった交通事故を無かったことにすることはできません。
しかし、適切な賠償を得ることにより、被害者の方が少しでも前を向いて歩いていけるよう、山本総合の弁護士は日々努力を惜しみません。
交通事故被害に遭われた方からのご相談は何度でも無料でお受けしておりますので、まずはお問い合わせください。あなたのお悩みが少しでも軽くなるよう、全力でサポートします。

山本総合法律事務所が交通事故被害者救済にかける想い