交通事故はある日突然起こります。
初めて交通事故に遭ってしまったという方がほとんどで、何をどうしたら良いかも分からない、という様な状況に陥ってしまわれるかと思います。

交通事故に遭ってしまったら、ケガの治療や仕事への対応などで大変苦労されていることでしょう。 そんな中でも相手方保険会社(交通事故の相手方が契約している保険会社)や相手方弁護士(交通事故の相手方が依頼した弁護士)との示談交渉を進めていかねばなりません。

  • 交通事故後、どのような流れで示談まで進めていける?
  • 後遺症が残ったらどうしたら良い?
  • いつから示談交渉を開始するの?示談までどのくらいかかる?

お困りの際には、被害者側の弁護士を頼って下さい。

以下では、交通事故が発生してから、解決までの流れを時系列でご説明いたします。

1.交通事故発生と直後の対応

交通事故が発生したら、その場でけが人の救護を行い、危険物を除去するなどの緊急措置をとりましょう。受傷が酷く自分で対応できない場合にはその限りではなく、加害者が対応します。そして警察を呼び、実況見分に立ち会います。
事故の相手方とも連絡先を交換し、実況見分が終わったら自分の加入している保険会社に連絡を入れ、事故の状況や相手の情報を伝えます。
特段痛みなどの自覚症状がなくても、必ず病院に行っておきましょう。

適切な損害賠償を受けるには、事故直後から適切に対応しておくことが大切です。
状況が落ち着き次第、交通事故に強い弁護士にご相談して、適切なアドバイスを受けておくと、後で有利になりやすいです。

2.症状固定するまで治療を受ける

事故後は症状固定まで治療を継続する必要があります。症状固定とは、それ以上治療を継続しても症状が改善しなくなった状態です。
症状固定前に保険会社から治療費を打ち切られるケースもありますが、治療を辞めるのではなく、健康保険を適用して通院を継続する必要があります。
実は、保険会社は被害者にプレッシャーをかけて通院を辞めさせるために治療費や休業損害を打ち切ってくるケースが多々あります。そのようなとき、自己判断で通院を辞めずに弁護士に相談してください。

3.後遺障害等級認定

症状固定したら治療を終了し、そのとき後遺症が残っていたら「後遺障害等級認定」を受けます。

この時、何級になるかによって支払われる賠償金が大きく変わってきます。
ご自身で対応されると思ったような後遺障害認定を受けられないことも多いので、より高い等級の認定を受けるため、弁護士までご相談下さい。

4.示談交渉

後遺障害等級認定の手続きが終わったら、相手の保険会社と示談交渉を開始します。話合いが進んでくると、相手の保険会社から示談案が提示されます。
その内容は被害者にとって必ずしも適正とは限らないので、署名押印する前に弁護士にお見せいただけましたら幸いです。
お一人で示談交渉に対応するのが困難な場合、弁護士があなたの代わりに、相手方保険会社や相手方弁護士と交渉することも可能です。それでも示談金額が適正にならない場合、裁判で解決します。

5.こんな時には弁護士に相談を

  • 相手方が提示する示談金額や内容に納得できない
  • 示談の提案書の見方がよく分からない
  • 提案金額が妥当かどうか見て欲しい

群馬で交通事故に遭い、お困りのことがあればお気軽に弁護士までご相談ください。