トップページ – SP

TOP画像
お気軽にお問い合わせください

0120-783-981 メールでのお問い合わせはコチラ

こんなに違う! 賠償金の実情

保険会社は裁判所の基準ではなく、保険会社独自の基準で賠償金を算出し、提案をしてきます。
そこで、弁護士は本来受け取るべき裁判所の基準まで、賠償金を上げることができるため、このように大きく異なった結果となります。

交通事故の実績豊富な弁護士に問い合わせください!

事例 1

事例 1

事例 2

事例 2

事例 3

事例 3

事例 4

事例 4

事例 5

事例 5

その他の事例はこちら

 

弁護士法人山本総合法律事務所の特長・強み
交弁護士法人山本総合法律事務所の特長・強み
交通事故の問題解決の流れ ―ご相談のタイミング―
交通事故の問題解決の流れ ―ご相談のタイミング―
交通事故発生

交通事故に遭われた場合、様々な面で日常生活に支障をきたします。通院、治療、勤務先への対応等、やらなければならないことが、たくさん生じます。
そんな状況ですか ら、事故の相手方(本人やその契約する保険会社)に対する損害賠償請求のことまで考える余裕がない、というのが実情でしょう。
しかし、きちんとした損害賠償を受けるには,事故の直後から適切に対応することが大切です。
それゆえ、事故の 直後に弁護士にご相談されることをお薦めします。

治療費・休業損害を打ち切られた

まだ治療が必要なのに治療費を打ち切られた、まだ仕事に行けないのに休業損害を打ち切られた、という声をよく聞きます。
この時点でも、疑 問や不満を感じられた場合は、弁護士にご相談ください。

後遺症が残った

事故による症状が残っていても、これ以上治療を続けてもその症状の改善が見込めない状態となったことを「症状固定」といいます。症状固定となると、治療費は打ち切られ、あとはその症状について後遺症(後遺障害)の等級を認定してもらって、後遺症による損害の賠償を受けることとなります。
しかし、適正な後遺症等級認定をしてもらえない場合もあり得ます
後遺症が残った場 合も、弁護士にご相談ください。

示談の提案を受けた

示談の提案書の見方をご説明し、提案された損害賠償額が適正か否かについてアドバイスいたします。
そして、弁護士が あなたの代わりに、相手方保険会社や相手方弁護士と交渉いたします。
さらに、それでも 適正な示談の提案が得られない場合は、裁判で解決します。
相手方保険会社や 相手方弁護士から提出された示談の提案書(そこに記載されている損害賠償額)に納得できない。そもそも、示談の提案書の見方がよく分からない。
このような場合も 、弁護士にご相談ください。

 交通事故に遭われたら、できるだけ早いタイミングで弁護士にご相談ください。

当事務所は症状固定前からの相談、
等級認定のサポート、賠償金の増額までを
ワンストップでサポートします。

相談相手の選び方
交通事故に精通した法律事務所は

意外と少ないのが実態です

多くの弁護士が取り扱い分野に「交通事故」と記載しています。しかし、実際に年間にどれぐらいの相談を受けていると思いますか? 実際には、年間に数件しか相談を受けていない、という弁護士も多いのが実態です。
もちろん、弁護士ですから、過去の裁判例にもとづいて裁判を進めることはできると思います。
しかし、交通事故の相談は、当然、裁判の話だけではないはずです。
後遺障害が認定されるかどうか、保険会社との交渉をどう進めるか、等々です。これらは、相談や経験の蓄積がなければ、適切な回答や対処が難しいと思います。
ですから、交通事故の相談をたくさん経験している、交通事故に精通した弁護士に相談されるのが良いと思います。

後遺障害の認定の相談にのってもらえる

事務所を選んでください。

交通事故の事案では、後遺障害の認定が非常に重要です。
例えば、14級が認定されるのと、12級が認定されるのでは、数百万円以上、損害賠償の金額が変わってしまいます。しかし、実は弁護士事務所で、後遺障害の認定に関して、相談にのってもらえる事務所は少ないのが現状です。
「後遺障害認定前の相談は受付していません」「治療終了後にまた来て下さい」という回答があることが実はとても多いのです。
ですから、後遺障害の認定の相談にのってもらえる事務所にご相談されるのが良いと思います。

後遺障害の医療的側面についての専門家と

十分に連携している事務所を選んでください。

上記の点とも関連しますが、交通事故の事案では、後遺障害が重要な問題となります。
しかし、これは弁護士だけでは、十分な解決が図れません。後遺障害の医療的側面についての専門家と十分に連携して、立証することが求められます。逆に、「弁護士が全てなんとかします」というのも眉唾なのです。
事案に応じて、外部の専門家と十分に連携して、動いてもらえる事務所を選んでください。

地元の弁護士を選んでください。

近時、東京の弁護士事務所が、「全国どこからでも相談を受け付けます!」という広告を出していたり、出張相談を実施していたりします。ひどい場合には、依頼者と一度も面談せずに、「電話と郵送で解決します!」という事務所もあるようです
しかし、交通事故の問題解決のためには、被害者やご家族と面談し、弁護士がその実情を理解し、最適な解決方法、支援方法を検討する必要があります。当然、地元の弁護士に依頼したほうが、面談の負担は少ないはずです。
ましてや、裁判になる場合には、地元の裁判所に訴えを提起したほうが、ずっと良いはずです。
巧みな広告宣伝に惑わされずに、地元の弁護士にご相談されることをお勧めいたします

交通事故慰謝料 自動計算機能

あなたの置かれている状況を入力していただくことで、弁護士にご依頼いただいた場合の慰謝料相場を計算いたします。

重症

事故〜治療終了
入院期間
休業日数
後遺障害等級
事故時の年齢
事故前の年収
万円
内訳

入通院慰謝料
0万円
後遺障害慰謝料
0万円
休業損害
0万円
後遺障害逸失利益
0万円
慰謝料を計算する

軽症・むちうち

事故〜治療終了
入院期間
通院実日数
休業日数
後遺障害等級
事故時の年齢
事故前の年収
万円
内訳

入通院慰謝料
0万円
後遺障害慰謝料
0万円
休業損害
0万円
後遺障害逸失利益
0万円
慰謝料を計算する

死亡

被害者の立場
被害者の性別
扶養家族の数
事故時の年齢
事故前の年収
万円
内訳

死亡慰謝料
0万円
死亡逸失利益
0万円
死亡事故の慰謝料を計算する

あなたが受け取れる慰謝料・賠償金

総額 0,000万円以上

の可能性があります

0120-783-981

もっと詳しく知りたい方は無料相談をご予約ください。

お問い合わせは
こちらから

※免責事項※

  1. この計算結果は、一般的な計算方法によるものであり、過失割合等の個別の事情を加味したものではありません。
  2. 主婦や自営業の方の休業損害は計算機で計算することができません。
  3. ここで表示された慰謝料や賠償金は上下する可能性があります。詳しくは当事務所へご相談ください。

お気軽にお問い合わせください
0120-783-981 メールでのお問い合わせはコチラ

当事務所へのアクセス
アクセスマップ

弁護士法人山本総合法律事務所

〒370-0073

群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階

TEL:0120-783-981(平日9:00~20:00)
県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。 

無料駐車場完備しています。
ご予約の際に詳しくご案内させて頂きます。

【お車でお越しの場合】
●関越自動車道 前橋ICより…約7分
【バスでお越しの場合】
●JR高崎駅より
関越交通渋川行き…小鳥停留所下車 徒歩約3分
群馬バス箕郷行き…続橋停留所下車 徒歩約1分
ぐるりん…第一病院前下車 徒歩約2分
【電車でお越しの場合】
●JR信越線 北高崎駅より…徒歩約15分
●JR上越線・両毛線 高崎問屋町駅より…徒歩約20分

お気軽にお問い合わせください
0120-783-981 メールでのお問い合わせはコチラ

タイトルとURLをコピーしました
電話番号:0120783981
メール問合せ
LINE問合せ