case30 醜状等で併合8級が認定され、4600万円(当初提示額より3657万円増額)を獲得した事例

ご依頼者様データ

被害者前橋市在住の40代男性(会社員)
事故状況ご依頼者様:バイク /  相手方:車
傷病名前額部の線状痕
左脛骨骨折
左距骨骨折
通院の状況全治療期間482日間(通院実日数288日)
後遺障害等級併合8級
  9級16号(外貌に相当程度の醜状を残すもの)
  12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの)
  12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの)
当事務所の対応ポイント相手方保険会社との示談交渉
対応結果裁判基準での賠償金獲得

賠償額の内容

主な費目保険会社の提案当事務所のサポート結果
休業損害約79万円約195万円(116万円増額)
傷害慰謝料約113万円約191万円(78万円増額)
後遺障害逸失利益約495万円3046万円(2551万円増額)
後遺障害慰謝料約324万円830万円(506万円増額)
合計約943万円4600円(3657万円増額)

ご相談・ご依頼のきっかけ

バイク

 前橋市在住の40代男性が、国道の右側車線をバイクで走行していたところ、左車線を走行していた自動車が、車線変更することなく突然転回しようと右折を開始したため、自動車がバイクに衝突、男性は路上に投げ出され負傷しました。

 男性は額に大きな傷を負い、左のすねの骨を折るなどの大ケガをされており、治療期間は1年以上に及びました。

 症状固定後、額には大きな傷が残ってしまい、骨折部位は痛みを伴う状態でした。

 上記のような症状が残っていたため、事前認定により、後遺障害は併合8級が認定され、相手方保険会社から示談の提案がありました。ところが、提案金額は納得できる金額ではなかったため、当事務所へご相談に来られました。

解決のポイント

須藤弁護士

 前額部の線状痕(9級)による労働への支障が認められるかどうかが深刻な争点となり、この争点に対する判断の違いで、後遺障害逸失利益の金額に2000万円以上の違いが出る事例でした。

 仕事の内容にもよりますが、特に男性の場合、顔面に傷跡が残っても労働に支障はないという一般論が強くあります。

 今回の事例でも、加害者側の保険会社は、労働への支障を完全に否定し、示談交渉では2000万円台前半の提案しかしてきませんでした。そこで、依頼者の方と相談のうえ、適正な賠償を求めるため裁判の中で争うこととなりました。

 そして、裁判の中で労働への支障を丁寧に主張した結果、こちらの主張を認め、前額部の線状痕の労働への支障を相当程度認めた和解案が裁判所より出されました。依頼者の方と相談のうえ、この和解案を受け入れる事となりました。

 結果、約943万円だった賠償金が、4600万円に増額し解決となりました。

タイトルとURLをコピーしました
電話番号:0120783981
メール問合せ
LINE問合せ